トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

中村政人 個展「明るい絶望」 (3331 Arts Chiyoda 主催)

spacer
日時 2015年10月10日(土)~11月23日(月・祝)
12:00~20:00 ※各日最終入場は19:30
休場日 なし
場所 アーツ千代田 3331 (外神田6-11-14)
1Fメインギャラリー
アクセス 銀座線「末広町駅」4番出口・徒歩1分
千代田線「湯島駅」6番出口・徒歩3分
大江戸線「上野御徒町駅」A1番出口・徒歩6分
JR「御徒町駅」南口・徒歩7分
JR「秋葉原駅」電気街口・徒歩8分
料金 一般 800円/大学生・専門学校生・65歳以上 700円/
千代田区民、中・高校生、障がい者およびその同伴者 無料
主催 3331 Arts Chiyoda
お問合せ先 アーツ千代田 3331
TEL:03-6803-2441 (代表)
ホームページ http://m.3331.jp/

イベント内容

spacer
アーツ千代田 3331はアートなのか。
拡張し続けるアートへの挑戦。中村政人10年ぶりの個展。




アーティスト中村政人が1989-94年に、韓国と日本で撮影した写真群を20年以上の時を経て一挙公開します。留学先の韓国のアトリエ風景や、東京のアートシーンを共に切り開いた同時代のアーティストや関係者たちの様々な表情、日常的な都市空間の中にひっそりと存在するものたち。中村の視点はアーティスト/生活者の区別を超え、あらゆる人々のアクションの連鎖によって文化的多様性が増殖していくさまを鋭くとらえます。それは、世界に対するアーティストの鋭い眼差しそのものであり、街の中に存在する創造性への真摯な感受性を示しています。近年中村が取り組んできた様々な社会実験、とりわけアーツ千代田 3331の運営やアートプロジェクトの企画などに通底するアートそのものの枠組みをとらえ直そうとする批評精神を見てとることが出来るでしょう。また、会田誠、池宮中夫、岩井成昭、小沢剛、中ザワヒデキ、八谷和彦、池内務、小山登美夫、西原珉といった同時代のアーティスト・ギャラリスト・編集者らが鮮烈なエネルギーで新しいシーンを切り開いた時代を知る手がかりとしても貴重な展覧会といえます。会期中、当時を知る作家やキュレーター・批評家を招いたトークイベントを行い、美術史においていまだ充分に語られていない、90年代前半の日本のアートシーンを考察します。さらにこれら写真のほか、2シリーズの新作インスタレーションを発表します。アーティスト 中村政人による10年ぶりの新作展にぜひご注目ください。 尚、本展はTRANS ARTS TOKYO 2015のプログラムとして開催致します。
spacer

アーツ千代田 3331 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会