トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

松村明作品展「Evidence NAGASAKI―ありふれた長崎 爆心1km―」 (JCIIフォトサロン主催)

spacer
日時 2015年6月30日(火)~7月20日(月・祝) 10:00~17:00
休館日 毎週月曜日 (ただし、祝日の場合は開館)
場所 JCIIフォトサロン (一番町25 JCIIビル1階)
アクセス 半蔵門線「半蔵門駅」4番出口・徒歩1分
有楽町線「麹町駅」3番出口・徒歩8分
入館料 無料
主催 JCIIフォトサロン
お問合せ先 JCIIフォトサロン
TEL:03-3261-0300
ホームページ

http://www.jcii-cameramuseum.jp/

イベント内容

spacer
Evidence NAGASAKI―ありふれた長崎 爆心1km―
原爆落下中心地碑 松山町 (c)松村 明

松村氏は毎日新聞社写真部に入社し、カメラ毎日編集部で勤務後、九州造形短期大学写真学科の教授を務めるなどして活動してきました。その傍ら、街の移り変わりをテーマに数々の作品を発表しています。

本展では、原爆被害にあった長崎の現在の街並みを、点在する原爆遺構や人物と共にとらえた作品「ありふれた長崎」と、被爆遺構物をクローズアップでとらえた「爆心1km」の二部構成で展示いたします。

長崎に原爆が投下されて今年で70年という年月が経ちます。被爆者の高齢化や歳月の経過が原爆を過去の出来事として風化させ、街の移り変わりと共にその記憶が薄れているように感じた氏は、原爆の記憶を留めようと撮影をはじめました。

被爆した樹木、爆風で吹き飛ばされた鳥居、原爆の閃光を浴びた石垣など、今も長崎の日常的風景の中に残る被爆の痕跡を氏は丁寧に写しとめています。同時に平和祈念像前で手を合わせる年配者の姿や、カメラの前に立つ被爆者のポートレイトから伝わってくる悲しみは、私たちに原爆の悲惨さを静かに語りかけてきます。

世代を超えて原爆に対しての気持ちを共有することや、直接伝えていくことが難しい状況に立ち至っている現在、あの悲惨な出来事を二度と繰り返さないためにも、過去のこととして忘れていくのではなく、今も続く被爆の苦しみに目を向けてほしいという氏の想いが感じられる作品展です。



松村 明(まつむら あきら)
1946年京都生まれ。1969年日本大学芸術学部写真学科卒業(学外で写真家長野重一氏に師事)。毎日新聞社写真部に入社し、カメラ毎日編集部で本誌および別冊ニューヌードなど担当。1983年文化庁在外派遣研修員として、ニューヨーク州ロチェスターのイーストマンハウス国際写真美術館で研修。1987年「EMPATHY―日本現代写真10人展―」(森山大道氏ら10人)のキュレーションを手がけ、全米3か所を巡回。1995年毎日新聞で『戦後50年暦の断層』を連載、東京写真記者協会企画部門賞を受賞する。2005年九州造形短期大学写真学科教授に就任し、2013年まで務める。

【写真展】
「眼貌―硬派紙面の顔―」(1992・銀座ニコンサロン)、「関門の街」(2000・キヤノンサロン銀座、同福岡、小倉・岡林ギャラリー)、「眺めの行方」(2005・新宿ニコンサロン)、「ありふれた長崎」(2011・ギャラリー蒼穹舎、アイデムフォトギャラリー[シリウス]、長崎県美術館、福岡アジア美術館)、「松村明退任記念展」(2013・九州産業大学美術館)ほか多数。

【写真集】
『路地を抜けると―神田―』(2003・蒼穹舎)、『ありふれた長崎―あの日から65年―』(2010・窓社)、『Evidence NAGASAKI―爆心1km―』(2015・冬青社)がある。
spacer

JCIIフォトサロン MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会