トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

所蔵作品展 こども+おとな工芸館 ピカ☆ボコ – オノマトペで読みとく工芸の魅力

spacer
日時 2015年7月14日(火)~9月27日(日)
10:00~17:00 (入館は閉館30分前まで)
休館日 月曜日(7月20日、9月21日は開館)、7月21日(火)、9月24日(木)
場所 東京国立近代美術館工芸館 (北の丸公園1-1)
アクセス

東西線「竹橋駅」1b出口・徒歩8分

観覧料 一般210円(100円)、大学生70円(40円)
※( )内は20名以上の団体料金、いずれも消費税込。
※高校生以下および18歳未満、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方と
その付添者(1名)は無料。
※それぞれ入館の際、学生証、運転免許証等の年齢のわかるもの、
障害者手帳をご提示ください。
【無料観覧日】8月2日(日)、9月6日(日)
主催 東京国立近代美術館
お問合せ先 TEL:03-5777-8600 (ハローダイヤル)
ホームページ http://www.momat.go.jp/

イベント内容

spacer
オノマトペで読みとく工芸の魅力

ツヤツヤ、ピカピカ、ボコボコ、ザラザラ…。工芸作品を眺めているときに、こんな言葉が口からこぼれたことはありませんか?擬態語や擬声語またはオノマトペと呼ばれる語が、日本語には豊富にあります。今回の展覧会は、このオノマトペを通して工芸の質感に迫る試みです。色やかたち、歴史や地域性など、工芸をみるポイントはさまざまですが、目にも手ざわりにも好ましい質感の追求は、工芸に期待するイメージの重要な部分を占めています。寒さや暑さをしのいだり、硬くてしっかりしているのか、もっとしなやかなのか、環境の変化から人それぞれの好みまで適応させるのが質感という造形要素です。しかしその情報量の多さゆえに、質感を数値化するのは困難です。たとえ計測を試みたとしても、それを手に取った人の心理や状況によって評価はまったく違ってしまうものだからです。そこで着目したいのがオノマトペです。一見子どもっぽかったり、軽々しいような印象をもたれることのあるオノマトペですが、言葉の響きやリズム、またしばしば語源においても、工芸のエッセンスを直感的につかみとっていることが少なくありません。きわめて個人的な感覚が含まれるのも確かですが、だからこそ情報量の多い質感を多角的に捉えることが可能なのです。

今回、工芸館の会場6室に揃えた質感は「ツヤツヤ」「ピカピカ」「スケスケ」「ボコボコ・ゴツゴツ」「ザラザラ・サラサラ」「ダラリ・ジワリ・スベスベ」――前半は光との関係を、また後半では肌合いや模様をつくる過程に焦点をあてました。リズミカルな言葉をつぶやきながら、私たちを魅了してやまない質感を堪能しましょう。子どもと大人とそれぞれにセルフガイドもご用意しました。スベスベでツヤツヤ、ピカピカでボコボコなものを探してみたり、皆さん自身でもっとぴったりなオノマトペを考えてみるのもお勧めです。
spacer

チラシ

spacer
spacer

東京国立近代美術館工芸館 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会