トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

画鬼・暁斎—KYOSAI 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル (三菱一号館美術館、他 主催)

spacer
日時 2015年6月27日(土)~9月6日(日)
※展示替えあり前期:6月27日(土)~8月2日(日)/後期:8月4日(火)~9月6日(日)
10:00~18:00 (金曜と展覧会会期最終週平日は20:00まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜休館(但し、7月20日と8月31日は開館)
場所 三菱一号館美術館 (丸の内2-6-2)
アクセス 千代田線「二重橋前駅」1番出口・徒歩3分
三田線「日比谷駅」B7番出口・徒歩3分
JR「東京駅」丸の内南口・徒歩5分
JR「有楽町駅」国際フォーラム口・徒歩6分
入館料 一般 1,500円、高校・大学生 1,000円、小・中学生 500円
主催 三菱一号館美術館、公益財団法人河鍋暁斎記念美術館
お問合せ先 三菱一号館美術館
TEL:03-5777-8600 (ハローダイヤル)
ホームページ http://mimt.jp/kyosai/

イベント内容

spacer
幕末明治のスター絵師と弟子コンドル

河鍋暁斎 (かわなべ きょうさい、1831-1889)は、幕末に生まれ、6歳で浮世絵師歌川国芳に入門、9歳で狩野派に転じてその正統的な修業を終え、幕末明治に「画鬼」と称され、絶大な人気を博した絵師です。一方、三菱一 号館を設計した英国人建築家ジョサイア・コンドル (1852 -1920)は、政府に招かれ明治10 (1877)年に来日、日本の近代建築に多大な功績を残しました。彼は日本美術愛好家でもあり、暁斎に弟子入りして絵を学び、師の作品を海外に紹介しました。本展では、三菱一号館美術館開館5周年を記念し、コンドルの業績とともに、彼の敬愛する暁斎の厳粛さからユーモアまでただよわせる型破りな画業を、様々なジャンルにわたる国内外の名品約120点 (展示替え有)によりご覧いただきます。

■河鍋暁斎とジョサイア・コンドルの師弟愛
三菱一号館を設計した英国人建築家ジョサイア・コンドルと、幕末明治の人気絵師・河鍋暁斎の師弟愛をしのびます。コンドルと暁斎の親密な交流が見られる『暁斎画日記』、コンドルが旅先で絵を描く暁斎を写生した作品などを展示します。

■「画鬼」と称された暁斎の再評価
幕末から明治期に活躍し、正統的な狩野派を引き継ぎながら、浮世絵や江戸の諸派をも取り込んだ絵師・河鍋暁斎のユニークで型にはまらない幅広い画業を、様々なジャンルの約120点によって紹介します。

■約100年ぶりに日本に里帰りする作品等、国内外の貴重な作品が集結
メトロポリタン美術館が所蔵する暁斎の水墨画が約100年ぶりに里帰りします。また、暁斎がコンドルに贈った《大和美人図屏風》 (京都国立博物館寄託)、河鍋暁斎記念美術館所蔵の初公開作品を含め、貴重な作品を展示します。
spacer

三菱一号館美術館 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会