トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

所蔵作品展 近代工芸と茶の湯 (東京国立近代美術館 主催)

spacer
日時 2015年4月28日(火)~6月21日(日)
10:00~17:00 (入館は閉館30分前まで)
休館日 月曜日(5月4日は開館)
場所 東京国立近代美術館工芸館 (北の丸公園1-1)
アクセス

東西線「竹橋駅」1b出口・徒歩8分

観覧料 一般210円(100円)、大学生70円(40円)
※( )内は20名以上の団体料金、いずれも消費税込。
※高校生以下および18歳未満、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方と
その付添者(1名)は無料。
※それぞれ入館の際、学生証、運転免許証等の年齢のわかるもの、
障害者手帳をご提示ください。
【無料観覧日】5月3日(日)、5月17日(日・国際博物館の日)、6月7日(日)
主催 東京国立近代美術館
お問合せ先 TEL:03-5777-8600 (ハローダイヤル)
ホームページ http://www.momat.go.jp/

イベント内容

spacer
知って、ほ~。感じて、ほっ。

日本の工芸が大きく発展し展開した背景に、茶の湯との関わりがあります。作家と呼ばれるつくり手が登場した近代以降、さまざまな素材を駆使した優れた作品=“茶の湯のうつわ”が生み出されてきました。それらは時代を映す鏡のように、そのときどきの作家による新たな考えを表したものといえます。用途を前提とした機能性と実用性を重視した使い勝手のよい、いわゆる茶道具とは異なり、個人の美意識による想いを伝える「表現の“うつわ”」として、造形や意匠に独自性を打ち出そうとした個性ある姿を見せるものも少なくありません。また、つくり手からだけではなく、使い手からの美意識による新たな使い道=「見立て」によっても工芸は発展してきました。それは、使い手がさまざまに“うつわ”を見立てて楽しむという、茶の湯の世界で確立されてきた原点ともいうべき姿でもあります。

本展は、重要無形文化財保持者をはじめとする近・現代の工芸家が生み出した茶の湯に関連する“うつわ”に焦点を絞り、約60名の作品を通してその柔軟な思考や造形について探ります。同時に、茶の湯の楽しみとしての「見立て」の魅力についても考える機会となることでしょう。
spacer

チラシ

spacer

spacer

東京国立近代美術館工芸館 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会