トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

アーツ千代田 3331特別企画展「神田祭ー江戸・東京のひととまち」 (3331 Arts Chiyoda 主催)

spacer
日時 2015年5月1日(金)~11日(月)
11:00~19:00 会期中無休
場所 アーツ千代田3331 (外神田6-11-14)
1階メインギャラリー、コミュニティスペース
アクセス 銀座線「末広町駅」4番出口・徒歩1分
千代田線「湯島駅」6番出口・徒歩3分
大江戸線「上野御徒町駅」A1番出口・徒歩6分
JR「御徒町駅」南口・徒歩7分
JR「秋葉原駅」電気街口・徒歩8分
料金 300円
※無料:高校生以下、千代田区民、65歳以上、障がい者と同伴者1名
主催 アーツ千代田 3331
お問合せ先 アーツ千代田 3331 特別企画展係
TEL:03-6803-2441 (代表)
ホームページ http://www.3331.jp/

イベント内容

spacer
神田祭ー江戸・東京のひととまち

江戸が東京に変わり、風景も町名もすっかり変わり、そこに住むひとびとが入れ替わっても、変わらないのが神田祭です。江戸の町がつくられたころから連綿とつづいてきました。その様子を伝えるたくさんの絵や写真が残されています。今のように町神輿ではなく、町ごとに山車を曳き回し、さらに浦島太郎や桃太郎などの昔話を仮装行列に仕立てました。そこには踊りやお囃子が欠かせません。そんな楽しくて華やかな昔の神田祭を見に出かけましょう。
本展では、祭礼絵巻の展示や古写真の他に、現代の祭でも町の拠点となっている御仮屋(おかりや)や、地元町内の御神輿などを展示します。

《展示内容》
・地図と古写真で見る、ひととまち

・町内の祭の拠点、御仮屋(おかりや)を展示室内に再現!?

・深掘り解説付き、神田明神祭礼図巻展示

江戸時代の神田祭がいきいきと描かれた全三巻約44mを一挙展示

・ずらり勢揃いの神田祭氏子町会の手ぬぐい

伝統の個性光る色とりどりの手ぬぐい

・江戸時代の神田祭の音曲と舞踊再現・記録映像


《関連イベント》
5月1日(金) 17:00~18:00
[ギャラリートーク]
江戸の中の神田、
東京の中の江戸を歩こうー古地図を片手に

講師:木下直之 (東京大学教授、文化資源学会)
参加費:無料 (但し、入場料が必要です)

5月2日(土) 13:00~15:00
[町歩き]
神田祭まち歩き

案内人:立山西平 (神田探偵団)
参加費:2,500円 (お菓子付)

5月2日(土) 16:30~18:30、5月9日(土)終日
[ワークショップ]
江戸を歩こうー神田祭の附祭復活に参加

講師:木下直之 (東京大学教授、文化資源学会)他
参加費:2,500円

5月2日(土) 11:00~、13:00~
[ギャラリートーク]
神田明神祭礼図巻解説

講師:福原敏男 (武蔵野大学教授、博士(民俗学))
参加費:無料 (但し、入場料が必要です)
5月3日(日) 13:00~16:00
[町歩き]
町歩きー歴史を知って絵を描こう

案内人:木下栄三 (建築家、絵師、江戸検定一級)
参加費:2,500円 (画用紙付)

5月5日(火・祝) 13:00~16:30
[ワークショップ]
動く山車をつくって神幸祭を再現させよう!

講師:槇野汐莉 (Akiba Deep Travel ガイド)
参加費:3,500円

5月6日(水・祝) 14:00~16:00
[ワークショップ]
お囃子体験講座 (初心者向け)

講師:神田囃子 諫鼓
参加費:中学生以下・千代田区民は500円、一般1,500円

お申込み方法 ※お申し込み順にて受付致します。
①ご希望の参加イベント名、②お名前、③電話連絡先、④Eメール を下記FAXもしくはメールでお申し込みください。各開催日の3日前までお申し込みください。
FAX:03-6803-2442 Eメール:info@3331.jp、
spacer

チラシ

spacer

spacer

アーツ千代田 3331 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会