トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

平成27年 春の企画展「一刻も早く!~戦場からの患者搬送~」 (しょうけい館 主催)

spacer
日時 2015年3月3日(火)~5月31日(日)
10:00~17:30 (入館は17:00まで)
休館日 毎週月曜日(祝日は開館)、5月7日(木)
場所 しょうけい館 -戦傷病者史料館-
(九段南1-5-13 ツカキスクエア)
アクセス 半蔵門線、東西線、新宿線「九段下駅」6番出口
料金 無料
主催 しょうけい館 (戦傷病者史料館)
お問合せ先 しょうけい館事務局
TEL:03-3234-7821
ホームページ http://www.shokeikan.go.jp/

イベント内容

spacer
一刻も早く!~戦場からの患者搬送~


戦地では、多くの兵士が傷病に倒れています。
一刻も早く!高度な治療を受けるために、患者搬送手段は時代とともに変化して来ました。本格的な医療処置を受けるまでの時間が、生死を分けることになるからです。前線から包帯所、野戦病院、兵站病院、そして内地の軍病院へと後送されてゆきます。
一刻も早く!戦地から移動する手段として担架を始め、患者自動車(現在の救急車)のほか、病院列車や、患者飛行機、病院船など、様々な手段が講じられました。
しかし、実際に運用されている数が少ないことや、第一線救護の現場まで写真報道班が進出できなかったこと、重症患者の多くが意識を失っていて証言が得られないことなど、残された情報はごく僅かです。本企画展では、戦地で運用された多様な患者搬送手段を貴重な写真資料で紹介します。
時間との闘いが戦傷病者のその後にどのような影響を与えたのか、その労苦を偲んで頂く企画展です。ご来館をお待ちしております。

関連イベント:学芸員による展示解説
毎月1、3、5週の土曜日14:00より約30分程度、申込不要
spacer

しょうけい館 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会