トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

平成26年度文化財特別展「千代田の坂と橋-江戸・東京の地形-」

spacer
日時 2015年1月30日(金)~3月22日(日)
月~土10:00~18:00、日・祝10:00~17:00
休館日 2月16日(月)、3月16日(月)
場所 千代田区立日比谷図書文化館 (日比谷公園1-4)
1階 特別展示室
アクセス 三田線「内幸町駅」A7出口・徒歩3分
丸ノ内線、日比谷線、千代田線「霞ヶ関駅」C4、B2出口・徒歩5分
入場料 無料
申し込み <関連講座>
電話、Eメールのいずれかにて 人数、氏名、住所、電話番号を明記の上、お申込みください。
定員に達し次第受付終了となります。
日比谷図書文化館文化財事務室
電話:03-3502-3348
Eメール:rekimin@vesta.ocn.ne.jp
主催 千代田区立日比谷図書文化館
お問合せ先 日比谷図書文化館 文化財事務室
TEL:03-3502-3348
ホームページ http://hibiyal.jp/

イベント内容

spacer
千代田の坂と橋
-江戸・東京の地形-


千代田区は、旧江戸城を境として西に台地、東に低地が存在し、今でも江戸時代以来の道筋には、由緒のある「坂」があり、河川や掘割には歴史ある「橋」が残ります。いうなれば「坂と橋」は、千代田区の地理的・歴史的特質を示すものです。
本特別展では、区内に残る坂と橋にスポットをあて、「江戸・東京」の歴史を紐解きます。普段なにげなく歩く街並みには、近世以降の文化遺産が数多く残り、現代の街並みがこうした歴史の積み重ねによって形作られていることがわかります。これを機会に、ぜひ私たちが住み、働く土地の歴史を知るきっかけにしていただければ幸いです。


<展示項目>
Ⅰ 江戸名所としての坂と橋
Ⅱ 千代田区の地形のなりたち
Ⅲ 祭礼にみる坂と橋
Ⅳ 江戸の「坂」
Ⅴ 江戸・東京の「橋」
Ⅵ 「千代田区の坂と橋」散歩

<講座>
■浮世絵にみる千代田の坂と橋
2月12日(木) 18:30~20:30
講師:滝口 正哉 氏 (区学芸員)

■江戸・東京の坂と崖
2月19日(木) 18:30~20:30
講師:芳賀 ひらく 氏 (之潮代表)
 
■江戸の橋と広場
3月5日(木) 18:30~20:30
講師:小林 信也 氏 (川村学園女子大学非常勤講師)

・いずれも 定員:60名 (申込順) 受講料:200円
会場:日比谷図書文化館4階小ホール(スタジオプラス)

・申し込み
電話、Eメールのいずれかにて 人数、氏名、住所、電話番号を明記の上、お申込みください。
定員に達し次第受付終了となります。
日比谷図書文化館文化財事務室
電話:03-3502-3348
Eメール:rekimin@vesta.ocn.ne.jp

<展示解説>
以下の日程で、担当学芸員が展示解説を行います。
時間になりましたら、特別展示室の入口付近にお集まりください。
(所要時間40分程度・予約不要)
■2月4日(水)
■2月12日(木)
■2月19日(木)
■3月5日(木)
■3月17日(火) 
14:00~
17:00~
17:00~
17:00~
14:00~
spacer

日比谷図書文化館 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会