トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

―古写真に見る明治の東京―「本所区・深川区編」 (JCIIフォトサロン 主催)

spacer
日時 2015年2月3日(火)~3月1日(日) 10:00~17:00
休館日 毎週月曜日 (ただし、祝日の場合は開館)
場所 JCIIフォトサロン (一番町25 JCIIビル1階)
アクセス 半蔵門線「半蔵門駅」4番出口・徒歩1分
有楽町線「麹町駅」3番出口・徒歩8分
入館料 無料
主催 JCIIフォトサロン
お問合せ先 JCIIフォトサロン
TEL:03-3261-0300
ホームページ

http://www.jcii-cameramuseum.jp/

イベント内容

spacer
―古写真に見る明治の東京―「本所区・深川区編」
「富士見の渡しより厩橋の眺め」 鶏卵紙 52×83mm

明治11年(1878)に施行された郡区町村1編制法による15区6郡制で制定された「本所区」は、昭和22年(1947)に隣接する「向島区」と合併して現在の「墨田区」となり、「深川区」は「城東区」と合併して現在の「江東区」となりました。「本所区」の辺りはもともと低湿地帯でしたが、明暦の大火(1657)後に江戸市街地拡張の一環として開発が進み、万治2年(1659)には両国橋が架けられ、埋め立てが進められていきました。「深川区」もまた、明暦元年(1655)から江戸のごみを埋め立てて造られた人口の土地です。そしてこの2区には、今も藤の季節に賑わう亀戸神社、深川八幡祭りで有名な富岡八幡宮、成田山新勝寺東京別院の深川不動堂など多くの神社や寺があり、当時から現在まで人々に親しまれている町です。

江戸時代の歌舞伎の舞台としても使われた隅田川の百本杭、その少し上流の御蔵橋付近にあった富士見の渡し、その近くにあった幕府の御竹蔵跡地の陸軍省用地、広重の浮世絵にも描かれ、役者や文化人、そして政財界の人々が足繁く通った高級料亭である柳島の橋本楼と両国の中村楼、現在の新大橋一丁目にあった幕府の艦船を保管していた御船蔵、両国回向院の本殿を背にして露天に安置されている本尊の阿弥陀如来像(現在は本堂の中)、まだ越中島と石川島しかなかった頃の洲崎海岸の写真など、今はもう見ることのできない貴重な風景をご覧いただきます。

明治維新前から明治20年(1887)までに撮影された、江戸から東京へと変貌をしていく街並みで、つかの間の歴史散歩をお楽しみください。
spacer

JCIIフォトサロン MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会