トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

白鳥真太郎 作品展「貌」 (JCIIフォトサロン 主催)

spacer
日時 2015年1月5日(月)~2月1日(日) 10:00~17:00
休館日 毎週月曜日 (ただし、祝日の場合は開館)
場所 JCIIフォトサロン (一番町25 JCIIビル1階)
アクセス 半蔵門線「半蔵門駅」4番出口・徒歩1分
有楽町線「麹町駅」3番出口・徒歩8分
入館料 無料
主催 JCIIフォトサロン
お問合せ先 JCIIフォトサロン
TEL:03-3261-0300
ホームページ

http://www.jcii-cameramuseum.jp/

イベント内容

spacer
白鳥真太郎作品展「貌」

白鳥氏は1947年長野県松本市で生まれ、資生堂、博報堂の写真部を経て、フリーランスとなりました。20代の頃から現在に至るまで広告写真家として、人物、風景、商品など被写体を選ばず様々なジャンルの広告を手がけ、時代に左右されない普遍的な撮影センスで数多くの賞を受賞してきました。現在では、日本広告写真家協会(APA)の会長を務めるなどして活躍しています。
今回の作品展は「貌」と題して、1999年に出版した写真集『貌 KAO 白鳥写真館』より、日本を代表する俳優の方々をはじめ、ミュージシャンやスポーツ選手、芸術家など各分野で活躍している著名人120人のポートレートをご覧いただきます。
白鳥氏は、松本で100年以上の歴史を刻んできた「白鳥写真館」の4代目として生まれましたが、写真館の後継ぎにはならず広告写真家の道へと進みました。常に時代をリードし流行をつくる広告写真と、人生の節目や晴れ姿を残す写真館の写真とでは、まったく異なるジャンルのように思われますが、どちらも1枚の写真にかける思いや情熱は共通する部分があります。
広告写真家として「対象の晴れの姿をとらえる」という信念を持ち、被写体と向き合ってきた白鳥氏は、実家が写真館ということもありポートレートに対して特別な思い入れがありました。広告写真で培った技術や経験を活かしながらも写真館としての写真の原点に帰り、被写体が喜ぶポートレートを撮りたいという気持ちがこの作品が生まれたきっかけでした。
貌の輪郭や髪の毛のディテールを柔らかく浮かび上がらせるライティングを基本に、一人一人の個性に合わせ綿密に計算された光や構図は、これまでに様々な被写体と対峙し、経験を積んできた氏ならではのものでしょう。
津川雅彦(俳優)、夏木マリ(女優)、岡本太郎(芸術家)、森英恵(デザイナー)、長嶋茂雄(野球選手)、椎名誠(作家)、矢沢永吉(ミュージシャン)など、貌の表情をとらえたポートレートからは、瞳に宿る意志の強さや刻まれたしわの魅力が写し出され、その人が今に至るまでに歩んできた人生の方向性を窺い知ることができます。
それぞれの分野でその道一筋に生きてきた方々の外見の美しさだけでなく、その人の持つ人間性を内面から引き出した人生を感じさせる大人のポートレート作品です。

白鳥 真太郎(しらとり しんたろう)
1947年長野県松本市生まれ。国立千葉大学工学部写真工学科卒業後、(株)資生堂宣伝部写真部、(株)博報堂写真部(現・(株)博報堂プロダクツ)を経て、1989年白鳥写真事務所を設立。日本写真家協会(JPS)会員。2008年より公益社団法人日本広告写真家協会(APA)の会長を務める。
spacer

JCIIフォトサロン MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会