トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

高松次郎ミステリーズ (東京国立近代美術館 主催)

spacer
日時 2014年12月2日(火)~2015年3月1日(日)
10:00~17:00 (金曜日10:00~20:00) ※入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜日 (ただし1月12日は開館)、12月28日(日)~1月1日(木)、1月13日(火)
場所 東京国立近代美術館 (北の丸公園3-1)
企画展ギャラリー
アクセス

東西線「竹橋駅」1b出口・徒歩3分

観覧料 一般900(600)円、大学生500(250)円
※( )内は20名以上の団体料金、いずれも消費税込。
※高校生以下および18歳未満、障害者手帳をご提示の方とその付添者(1名)は無料。
※本展の観覧料金で入館当日に限り、同時開催の 「奈良原一高 王国」と
「MOMATコレクション」もご覧いただけます。
主催 東京国立近代美術館
お問合せ先 東京国立近代美術館
TEL:03-5777-8600 (ハローダイヤル)
ホームページ http://www.momat.go.jp/

イベント内容

spacer
高松次郎 ミステリーズ

高松次郎(1936-1998)とは何者か!? こんがらがったヒモ、光と影のたわむれ、おかしな遠近法の椅子やテーブル、たわんだ布、写真を撮った写真、そして単純さと複雑さをあわせもつ絵画…。1960年代から90年代まで、現代美術の世界をクールに駆け抜けた男のミステリーを、この冬MOMATが解明します。

高松の作品は、時期によって見かけも素材もばらばらです。そして、そのことが「高松次郎」というアーティストを少しわかりにくくしてきました。しかし、ばらばらな作品をくわしく見ていくと、いくつかの形や考え方が繰り返し現われることに気づきます。背後に一貫したつながりがひそんでいるのです。

この展覧会は、約50点のオブジェや彫刻、絵画、および約150点の関連するドローイングによって、近年、世界的な評価をますます高める高松の制作をご紹介するものです。アーティストの広大な思考世界を追体験しながら、作品に込められた謎を解くわくわく感を、どうぞ会場で味わってみてください。
spacer

チラシ

spacer

spacer

東京国立近代美術館 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会