トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

渡辺 淳の世界 ― スケッチ・静物・広告・報道 ― (JCIIフォトサロン 主催)

spacer
日時 2014年12月2日(火)~12月24日(日)
10:00~17:00
休館日 毎週月曜日 (ただし、祝日の場合は開館)
場所 JCIIフォトサロン (一番町25 JCIIビル1階)
アクセス 半蔵門線「半蔵門駅」4番出口・徒歩1分
有楽町線「麹町駅」3番出口・徒歩8分
入館料 無料
主催 JCIIフォトサロン
お問合せ先 JCIIフォトサロン
TEL:03-3261-0300
ホームページ

http://www.jcii-cameramuseum.jp/

イベント内容

spacer
渡辺 淳の世界 ―スケッチ・静物・広告・報道―

写真に親しみ作品制作に励んでいた渡辺氏は、1924(大正13)年に『芸術写真研究』(~1970年終刊)誌を主宰する中島謙吉氏と出会い、同誌を舞台に活躍します。ソフトフォーカスレンズを使ってスケッチするように写した<水浴>(1925年)や、プリント時に印画紙をたわませる「デフォルマシオン」で制作した<楽器を持てる人物>(1927年)など、技法を駆使して詩的な作品を創りあげました。

自らの表現としての制作に励む傍ら、1927年頃には写真通信社「ジー・チー・サン商会」に入社し、広告写真や報道写真に携わりました。渡辺氏が手がけた仕事の写真については、これまであまり知られていません。今回は、ご遺族よりJCIIに託されたオリジナルプリントの中から、日本写真史上に高く位置づけられている1920年代から1930年代の芸術写真、1930年代の広告写真コンテストで入賞した商業写真、報道のために艦上で撮影した昭和天皇の写真、自然に親しむ情景や静物など1980年代までの作品を展示します。芸術写真に独自の境地を開いて日本写真史上に名高い渡辺氏の、公私における写真世界を概観する初めての展覧会です。


★作品展にともない、会期中の12月7日(日)に飯沢耕太郎+白山眞理トークショー“渡辺 淳の世界―スケッチ・静物・広告・報道―”を開催致します。是非ご参加ください!

渡辺 淳 (わたなべ じゅん、1897-1990)
1897年 6月16日、千葉県に生まれる。
中学校の頃、写真を覚えて引伸しの面白さを知る。卒業後、東京や英領シンガポールの写真館に勤めて、インドを経て帰国。
1924年 『芸術写真研究』主宰の中島謙吉と出会って作品を寄稿するようになる(1970年の終刊まで継続)。
1927年頃 写真通信社ジー・チー・サン商会(東京)に入社。
1928年 「日本光画協会」(~1934年頃)が創設されて主要作家として活躍。
1932年頃 ジー・チー・サン商会大阪支社勤務となり広告写真などで活躍。
1939年頃 東京のジー・チー・サン商会に戻り、終戦まで勤務。
1945年 サン・ニュース・フォトスに入社。
1947年頃 再興されたジー・チー・サンに移ってコマーシャル写真に携わる。
1957年 日本短波放送嘱託(写真班)となる。
1972年 『芸術写真研究』後継誌の『光大』創刊同人となり、編集兼発行人を終生務める。
1990年 9月11日、逝去。享年93歳。
著作:『複写と接写の実技』(光大社、1941年)、渡辺淳写真画集(渡辺淳写真工房、1971年)。
spacer

JCIIフォトサロン MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会