トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

ボストン美術館 ミレー展 ―傑作の数々と画家の真実 (三菱一号館美術館、他 主催)

spacer
日時 2014年10月17日(金)~2015年1月12日(月・祝)
10:00~18:00 (金曜[祝日と1月2日を除く]は20:00まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜休館(但し、祝日・振替休日の場合は開館、1月5日も18:00まで開館)
12月27日(日)~2015年1月1日(木・祝)
場所 三菱一号館美術館 (丸の内2-6-2)
アクセス 千代田線「二重橋前駅」1番出口・徒歩3分
三田線「日比谷駅」B7番出口・徒歩4分
JR「東京駅」丸の内南口・徒歩5分
JR「有楽町駅」国際フォーラム口・徒歩5分
入館料 (税込) 一般 1,600円(前売り1,400円)、高校・大学生 1,000円、小・中学生 500円
主催 三菱一号館美術館、TBS、東京新聞、ボストン美術館
お問合せ先 三菱一号館美術館
TEL:03-5777-8600 (ハローダイヤル)
ホームページ http://mimt.jp/millet/

イベント内容

spacer
ボストン美術館の3大ミレーが同時初来日!

たくましく働く農民や自然の様子に温かいまなざしを向け、ありのままの姿を描いたジャン=フランソワ・ミレー(1814-1875)。フランスのノルマンディー地方の格式ある農家に生まれたミレーは、19歳で画家の修業をはじめ、その後パリ滞在中には、生活のために風俗画や裸婦像も手がけ、1849年、パリ郊外のバルビゾン村に家族で移住しました。
1850年代にボストン出身の画家がバルビゾンに定住し、その後ミレーの名品を母国に持ち帰ったことから、自然を愛したボストン市民の間にミレー愛好熱が高まり、フランスを凌ぐほど優れた作品を市民が愛蔵しました。1876年のボストン美術館開館後、市民がコレクションを寄贈し、多くのミレー作品がボストン美術館に所蔵されています。
本展では、ミレー生誕200周年記念として、『ボストン美術館3大ミレー』と言われる《種をまく人》、《刈入れ人たちの休息(ルツとボアズ)》、《羊飼いの娘》をはじめ、選りすぐりのミレーの作品25点を中心に、バルビゾン村で活動したコロー、ディアズ、ルソーらバルビゾン派の画家、またミレーの影響を受けたクロード・モネらフランスの画家の作品など、総点数64点を展覧します。
spacer

三菱一号館美術館 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会