トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

ペーター・レーゼル ドイツ・ロマン派 ピアノ音楽の諸相 2014 (新日鉄住金文化財団 主催)

spacer
日時 2014年11月6日(木) 19:00開演、8日(土) 15:00開演
場所 紀尾井ホール (紀尾井町6-5)
アクセス JR、丸ノ内線、南北線「四ツ谷駅」麹町口・徒歩6分
有楽町線「麹町駅」2番出口・徒歩8分
銀座線、丸ノ内線「赤坂見附駅」D出口・徒歩8分
半蔵門線、有楽町線「永田町駅」7番出口・徒歩8分
料金 11/6 S席:7,500円/A席:5,500円/学生A席:3,000円
11/8 S席:6,000円/A席:4,000円/学生A席:2,000円
11/6,8両日公演セット券 S席:12,000円/A席:8,400円
主催 公益財団法人 新日鉄住金文化財団
お問合せ先 紀尾井ホールチケットセンター
TEL:03-3237-0061 (10:00~18:00/日・祝 休)
ホームページ http://www.kioi-hall.or.jp/

イベント内容

spacer
ドイツ・ロマン派 ― 正統の美

19世紀を通じてヨーロッパの音楽創作活動の中心的な楽器として大きな発展と変貌を遂げながら、膨大なレパートリーが形成されていった鍵盤楽器 ― ピアノ。
ドイツ・ロマン派の作曲家たちが、ピアノという楽器にどのように魅了され、心の動きを表現してきたのかを音で探っていく3箇年プロジェクトです。
最終年にあたる今回、「室内楽」公演では、共演も数多く、気心知れた名門のゲヴァントハウス弦楽四重奏団を迎え、同団本拠地ライプツィヒゆかりのメンデルスゾーンの弦楽四重奏曲第6番と、シューベルトの四重奏曲断章、そしてピアノ五重奏曲の最高峰ともいえるブラームスの名作を取り上げます。
レーゼルが自ら「涙の微笑み」と題したリサイタルでは、微笑みをたたえた涙、涙ながらの微笑みというように、ドイツ・ロマン派でより複雑になった感情表現を味わっていただきます。
リサイタル、室内楽公演、協奏曲公演を通じて、ドイツ・ロマン派を代表するブラームス、シューマン、そしてシューベルトの作品で、本プロジェクトは完結します。

【室内楽】ブラームスのピアノ五重奏曲

■出演者

ペーター・レーゼル(Pf)
ゲヴァントハウス弦楽四重奏団(弦楽四重奏)

■曲目
メンデルスゾーン:弦楽四重奏曲第6番ヘ短調Op.80
(ゲヴァントハウス弦楽四重奏団)
シューベルト:弦楽四重奏曲第12番ハ短調「四重奏断章」D703
(ゲヴァントハウス弦楽四重奏団)
ブラームス:ピアノ五重奏曲ヘ短調Op.34
(ペーター・レーゼル、ゲヴァントハウス弦楽四重奏団)

【リサイタル】涙の微笑み

■出演者
ペーター・レーゼル(Pf)

■曲目
ブラームス:3つの間奏曲Op.117
シューマン:フモレスケ変ロ長調Op.20
シューベルト:ピアノ・ソナタ第20番イ長調D959
spacer

チラシ

spacer

spacer

紀尾井ホール MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会