トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

特別展「藩領と江戸藩邸~内藤家文書の描く 磐城平、延岡、江戸~」 (明治大学博物館 主催)

spacer
日時 2014年10月11日(土)~12月11日(木)
10:00~17:00 (入館は16:30まで)
休日 会期中無休
場所 明治大学博物館特別展示室
(神田駿河台1-1 駿河台キャンパスアカデミーコモン地下1階)
アクセス JR「御茶ノ水駅」御茶ノ水橋口・徒歩5分
丸ノ内線「御茶ノ水駅」、千代田線「新御茶ノ水駅」徒歩8分
新宿線・三田線・半蔵門線「神保町駅」A5出口・徒歩10分
入場料 300円
主催 明治大学博物館
お問合せ先 明治大学博物館事務室
TEL:03-3296-4448
ホームページ http://www.meiji.ac.jp/museum/index.html

イベント内容

spacer
~内藤家文書の描く 磐城平、延岡、江戸~

七万石の譜代大名内藤家は、磐城平(延享4・1747年まで)、延岡(延享4年以降)を所領としましたが、内藤藩の活動は国元で完結した訳ではありません。江戸屋敷や大坂屋敷、飛地なども内藤藩を構成する重要な要素でした。本展示会では、磐城平、延岡、江戸という三カ所に存在した内藤藩の城や屋敷を定点として、それぞれの地における内藤藩の姿や江戸と国元における人・もの・情報のやりとりを描きます。くわえて、各時代、各領地をつないだ内藤家文書のあり様や、廃藩置県後の内藤家文書の行方などにも迫ります。


【展示構成】
I、江戸藩邸
大型絵図や江戸の切り絵図で内藤藩の虎之門屋敷、六本木屋敷、渋谷屋敷の様子を確認したら、江戸藩邸で過ごした藩主や武士達の生活を覗いてみましょう。
II、磐城平領
10メートルを越える「磐城七浜捕鯨絵巻 浜の巻」(いわき市蔵)が、磐城平領の海岸線とそこで暮らす人々の姿を圧倒的なスケールで描き出します。
III、延岡領
幕末の参勤交代制の揺らぎによって江戸と延岡を旅する事になった藩主内藤政挙の祖母充真院。充真院の旅の行程を、彼女が書き残した絵入旅日記と海上の図で紹介します。
IV、藩の終わりと文書
藩の終わりにより江戸藩邸、延岡城は、そして文書は、どうなってしまったのでしょうか。江戸から明治への移行期、藩邸・城・文書の行方を追います。
spacer

明治大学 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会