トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

日本カメラ博物館 特別展 「未来技術遺産登録記念 レンズ付フィルム展」

spacer
日時 2014年10月28日(火)~2015年1月25日(日)
10:00~17:00
休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日の火曜日)
年末年始休館:12月27日(土)~2015年1月5日(月)
場所 日本カメラ博物館(一番町25 JCII 一番町ビル地下1 階)
アクセス 半蔵門線「半蔵門駅」4 番出口・徒歩1分
有楽町線「麹町駅」3 番出口・徒歩8 分
入館料 一般300円、中学生以下無料
団体割引(10名以上) 一般200円
★本展示期間中、レンズ付フィルム持参の方は、一般200円でご入場いただけます。
主催 日本カメラ博物館
お問合せ先 日本カメラ博物館
TEL:03-3263-7110
ホームページ http://www.jcii-cameramuseum.jp/

イベント内容

spacer
レンズ付フィルム展
未来技術遺産登録「フジカラー スーパーHR100 写ルンです」(中央)
1986(昭和61)年 富士写真フイルム(現:富士フイルム)

1986(昭和61)年、富士写真フイルム(現:富士フイルム)から発売された「写ルンです」から、「レンズ付フィルム」と呼ばれる新しい分野が確立されました。

「レンズ付フィルム」は「カメラ」ではなく、あくまで「フィルム」として製品展開が行われ、街のカメラ店はもちろん、コンビニエンスストアや駅の売店、さらには観光地のお土産物屋や自動販売機でも販売されるなど、従来のカメラにはない経路で販売され、撮影後はフィルムを取り出すことなく、本体ごとカメラ店や現像所などに持ち込めばフィルムは現像、プリントされていました。

一時期は「使い捨てカメラ」「使い切りカメラ」などの表記もされていましたが、使用済みの本体は分解後にカメラメーカーによりリサイクルされるシステムができあがっていたため、「使い捨て」という言葉は早くに見直され、1991(平成3)年に「レンズ付フィルム」という言葉が業界での統一呼称となり、広く普及するようになりました。

また、「レンズ付フィルム」は“シャッターを押すだけ”の極めてシンプルな機構ながら、幅広い撮影条件で良好な結果を得るため各所に考え抜かれた専用設計が施されており、“究極のカメラ”としての一面も併せ持っています。

このように従来のカメラにはない特徴をもった「レンズ付フィルム」は、デジタルカメラの時代となった現在でも需要があり、電源の確保が困難な場所、高温多湿などデジタルカメラの使用に適さない環境下での撮影や、修学旅行などで学校から生徒に支給されるなど、手軽に撮影できる「レンズ付フィルム」ならではのメリットを活かして使用されています。

今回の展示では、富士フイルムをはじめ各メーカーから発売された歴代機種や、レンズ付フィルムの仕組みを紹介するほか、企業や団体とコラボレーションしたさまざまなパッケージの製品などを展示いたします。


【未来技術遺産】
国立科学博物館が選定・登録する『重要科学技術史資料』。「科学技術の発達上重要な成果を示し、次世代に継承していく上で重要な意義を持つもの」や「国民生活、経済、社会、文化の在り方に顕著な影響を与えたもの」に該当する資料を選定し、『重要科学技術史資料登録台帳』に登録するもの。

【展示予定機種より】

●「フジカラー スーパーHR100 写ルンです」 1986(昭和61)年 富士写真フイルム
本年、国立科学博物館が選定する「未来技術遺産」に登録された最初のレンズ付フィルム。110フィルムを使用し、カメラ前面にフィルム巻き上げを装備している。最初の製品は3種類のパッケージが用意されていた 。

●「フジカラー 写ルンです Hi」 1987(昭和62)年 富士写真フイルム 
撮影画面サイズ11×17ミリの110フィルムから24×36ミリの135フィルムを内蔵することで、画質の向上が図られた。

●「フジカラー 写ルンです スーパーEYE 800」
2000(平成12)年 富士写真フイルム
1996年よりIX240(APS)フィルムを使用したモデルを発売し、本体の小型化と軽量化を達成することで携行性を高めた。

●「コニカ よく撮れぞうくん」 1987(昭和62)年 コニカ 
コニカは「使い切りカメラ」として位置づけて発売を開始したこともあり、よりカメラに近い樹脂製の外装をもったものを多く製造した。

●「撮ってもEG」 製造年不詳 ペンタックス
デジタルカメラでもレンズ付きフィルムのような使用方法が模索されたが、技術的な問題よりも急速なデジタルカメラの普及と価格の低廉化により、試作と少数の実験販売だけとなった。

その他、水中や望遠、連写、立体写真などを楽しめる製品、広告等を入れた企業のノベルティグッズ、結婚式場や観光地でのご当地パッケージなどを展示します。

●「ザ・コダック」 1888(明治21)年 イーストマン・コダック(アメリカ)
本体にあらかじめフィルムが装填された状態で販売され、購入者は撮影をして写真店に持ち込み、写真店が現像とプリントをおこない、メーカーは本体を回収してフィルムを再装填する。「あなたはボタンを押すだけです。あとは私たちが引き受けます」(You press the button, We do the rest)のシステムは、世界最初のロールフィルムカメラ「ザ・コダック」に原点がある。

●「チャンピオン」 1910(明治43)年 製造会社不詳
簡易型カメラは各国で試みられ、「チャンピオン」は、厚紙でできた折り畳み可能な簡易型カメラで、カメラの周囲は広告などに使用された。この、外装周囲を広告等に使用することは、後のレンズ付フィルムで企業のノベルティグッズとして使用された用法にも似ていて興味深い。
spacer

日本カメラ博物館 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会