トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

上田毅八郎氏寄贈作品展 (しょうけい館 主催)

spacer
日時 2014年9月17日(水)~11月9日(日)
10:00~17:30 (入館は17:00まで)
※9/30~10/3の期間は資料整理のため、1階企画展示室はご利用になれません
休館日 毎週月曜日(祝日または振替休日の場合はその翌日)
場所 しょうけい館 1階展示室企画展スペース (九段南1-5-13 ツカキスクエア九段下)
アクセス 半蔵門線、東西線、新宿線「九段下駅」6番出口
料金 無料
主催 しょうけい館
お問合せ先 しょうけい館事務局
TEL:03-3234-7821
ホームページ http://www.shokeikan.go.jp/

イベント内容

spacer
上田毅八郎氏寄贈作品展

昨年、上田毅八郎氏より御本人の描かれた絵画をはじめ、多くの史料を御寄贈頂きました。現在、御寄贈頂いた史料は鋭意整理中です。
上田氏は軍艦のプラモデルの箱絵を描かれていた事で有名ですが、この度御寄贈頂いた作品の中には軍艦、軍用機、帆船などの乗り物を描いたものだけではなく、国内外の風景を描いたものも数多くあります。今回のミニ展示ではそのうちの一部をご紹介します。



上田毅八郎氏略歴
 
大正9年、静岡県に生れる。幼い頃より絵を描く事が好きで、よく乗り物をスケッチしていた。昭和19年11月、陸軍の高射兵として輸送船金華丸に乗船中、フィリピンのマニラ港で、敵機の攻撃を受け、利き手である右腕を負傷。これにより右腕は動かなくなった為、左手で文字や絵を書く訓練をし、塗装業を営む。昭和35年よりプラモデルの箱絵を描くようになり、昭和45年より画家専業となる。昭和50年代からは世界の帆船の作品にも取り組む。平成23年には総作品数約6000点となる。
spacer

しょうけい館 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会