トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

笹本恒子 作品展「100人の女性たち」 (JCIIフォトサロン 主催)

spacer
日時 2014年9月2日(火)~28日(日)
10:00~17:00
休館日 毎週月曜日 (ただし、祝日の場合は開館)
場所 JCIIフォトサロン (一番町25 JCIIビル1階)
アクセス 半蔵門線「半蔵門駅」4番出口・徒歩1分
有楽町線「麹町駅」3番出口・徒歩8分
入館料 無料
主催 JCIIフォトサロン
お問合せ先 JCIIフォトサロン
TEL:03-3261-0300
ホームページ

http://www.jcii-cameramuseum.jp/

イベント内容

spacer
~100人の女性たち~

2014年9月に100歳を迎える笹本恒子さんは、1940年に財団法人写真協会に入社し、日本初の女性報道写真家としてスタートを切りました。平沼麒一郎首相、ヒトラーユーゲント、安保闘争の様子など、世界の要人や社会を撮影し、戦前、戦後を通じて多くのグラフ記事を寄稿しました。
本展では、笹本さんが現役で100歳を迎えられたことを祝して、女性100名を写した笹本作品をご覧いただきます。社会の無理解や様々な困難を乗り越えそれぞれの世界で第一人者となり活躍する女性たち。その姿を若い世代に伝えたいという気持ちから、笹本さんはたくさんの女性を写し撮りました。戦後初の総選挙で立候補し女性代議士第1号となった加藤シヅエ、“ブルースの女王”と称されて戦中にも反骨精神を貫いた淡谷のり子、女流画家協会を創立して女性画家初の文化功労者となった三岸節子など、たくましくしなやかな女性ばかりです。自由、平和、美を願い求め、夢を抱いて生きた人々の軌跡がとらえられたこれらの作品群は、現代の若者にとって「どのように生きるか」を考えるうえで、ひとつのヒントになることでしょう。



笹本 恒子 (ささもと つねこ)
1914年 東京府荏原郡大崎町(現・東京都品川区)生まれ
1940年 財団法人写真協会に入社し、報道写真家となる(1941年退社)
1945年 終戦と同時に疎開先の千葉市で千葉新聞社入社
1946年 東京に帰り婦人民主新聞社(渋谷)嘱託となる
1947年 フリーランスとなり、新聞・雑誌などに写真・記事を提供
1950年 日本写真家協会が創立され、会員となる
1962年 服飾コンサルタントとして「ササモト・デザイン・ルーム」開設
1967年 フラワー・デザイナーとして東京、静岡ほか、各地に教室を開設
1982年 オリジナル服、創作アクセサリーの店「アトリエ・SS」(新宿)を開店
1985年 写真展「昭和史を彩った人たち」開催を機に撮影再開
2012年 笹本恒子常設写真ギャラリー(札幌)開設
spacer

JCIIフォトサロン MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会