トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

宗像大社国宝展 ―神の島・沖ノ島と大社の神宝 (出光美術館、他 主催)

spacer
日時 2014年8月16日(土)~10月13日(月・祝)
10:00~17:00 (入館は16:30まで)
毎週金曜日は19:00まで(入館は18:30まで)
休館日 毎週月曜日
※ただし、9月15日、10月13日は開館
場所 出光美術館
(丸の内3-1-1 帝劇ビル9階 出光専用エレベーター9階)
アクセス JR「有楽町駅」国際フォーラム口・徒歩5分
有楽町線「有楽町駅」、三田線「日比谷駅」B3出口・徒歩3分
日比谷線、千代田線「日比谷駅」
有楽町線方面 地下連絡通路経由 B3出口・徒歩3分
入館料 一般1,000円/高・大生700円 (団体20名以上 各200円引)
中学生以下無料 (ただし保護者の同伴が必要です)
※障害者手帳をお持ちの方は200円引、その介護者1名は無料です

前売券
2014年6月14日~8月3日までの期間、美術館受付にて前売券を販売
一般1,000円→800円/高・大生700円→500円
主催 宗像大社、出光美術館、日本経済新聞社
お問合せ先 ハローダイヤル (展覧会案内)
TEL:03-5777-8600
ホームページ ・特設サイト
http://www.idemitsu.co.jp/museum/honkan/munakata_taisha/index.html
・出光美術館
http://www.idemitsu.co.jp/museum/honkan/

イベント内容

spacer
―神の島・沖ノ島と大社の神宝

古来、日本と海を隔てた大陸を結ぶ海上交通の要衝として、また外来文化の窓口として、人やモノを運び、文化を伝え育んで きた宗像。九州北部と沖合の大島、沖ノ島をあわせたこの地に海上交通の守り神として尊崇される三女神を祀る宗像大社があります。朝鮮・中国、さらには遠くペルシャの工芸品も含み、「海の正倉院」とも呼ばれる沖ノ島出土の国宝・8万点の奉献品をはじめ、中世以降の大社の歴史を飾る貴重な神宝の中から厳選し、宗像大社の悠久の歴史をご紹介します。
また、沖ノ島の奉献品と並び称される伊勢神宮の神宝が特別出品されます。さらに、出光コレクションより大社ゆかりの品々にちなんだ仙厓の書画をあわせ、全107件の作品を展示します。
上  /沖ノ島遠景
下左/金製指輪 朝鮮・新羅時代(三国時代) 国宝 宗像大社蔵
下右/金銅製龍頭 中国・東魏時代 国宝 宗像大社蔵

<みどころ>
■門外不出の作品をはじめとする沖ノ島出土の国宝67件が集結!
■中世・近世の宗像大社史料を一挙公開
■伊勢神宮の神宝が特別出品
■沖ノ島出土の国宝に関連する作品や、仙厓が描いた宗像大社ゆかりの書画も展示

<列品解説>
■8月21日(木)、9月4日(木)、9月18日(木)、10月2日(木)、いずれも午前10時30分より
■8月22日(金)、9月5日(金)、9月19日(金)、10月3日(金)、いずれも午後6時より
(事前の申し込みは不要・入館料のみ)
spacer

チラシ

spacer

spacer

出光美術館 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会