「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

観る sightseeing
spacer

日比谷公会堂・市政会館

spacer
 

【千代田区景観まちづくり重要物件】
昭和4年(1929)、関東大震災復興のシンボルともなった日比谷公会堂が竣工しました。安田善次郎が東京市長だった後藤新平に共鳴し、当時としては巨額の350万円の寄附し、これをもとに「市政調査会(市政会館)」およびそれに併設する公会堂として建設されました。
建物は指名設計競技で一等となった工学博士佐藤功一氏の設計によるものです。佐藤博士は母校の早稲田大学大隈講堂の設計者としてもしられています。
ちなみに開場式で、新聞を破いた音が参加者全員に聞こえたといわれています。
東京都選定歴史的建造物に選定されています。

【概要】

所在地 千代田区日比谷公園1-3
アクセス 日比谷駅A14出口より徒歩3分
霞ヶ関駅B2出口、C4出口より徒歩3分
内幸町駅A7出口より徒歩1分
spacer

日比谷公会堂・市政会館 マップ

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会