トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

世界のライカ型カメラ ―小型精密カメラの進化と発展― (日本カメラ博物館 主催)

spacer
日時 2014年3月11日(火)~6月22日(日)
10:00~17:00
休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日の火曜日)、5/7(水)
展示替え期間:3月3日(月)~10日(月)
場所 日本カメラ博物館(一番町25 JCII 一番町ビル地下1 階)
アクセス 半蔵門線「半蔵門駅」4 番出口・徒歩1分
有楽町線「麹町駅」3 番出口・徒歩8 分
入館料 一般300円、中学生以下無料
団体割引(10名以上)一般200円
主催 日本カメラ博物館
お問合せ先 日本カメラ博物館
TEL:03-3263-7110
ホームページ http://www.jcii-cameramuseum.jp/

イベント内容

spacer
世界のライカ型カメラ
-小型精密カメラの進化と発展-




「小型精密カメラ」という新たな分野を築き上げた「ライカ」は、1923(大正12)年頃に試作機(後に「0型」と呼ばれる)が製造され、1925(大正14)年に「ライカⅠ(A)」が発売されました。その後、「ライカ」は35ミリフィルムを使用するカメラとして常に世界の写真業界を牽引し、同時に世界各国では「ライカ」を手本とした類型機が生み出されました。

しかし、それらは単なる模倣というだけではありません。「ライカ」を至高の存在と崇めるのではなく、「小型精密カメラとは何か」、「カメラに求められるものは何か」を考え、世界各国の製作者が解釈と思考を重ねて展開し、その後のカメラ発展にも繋がったカメラ史の重要な1ページにもなっています。

特に日本では、「ライカに追いつけ、追いこせ」を合言葉に、各社が競った時代があります。それは結果的に日本のカメラメーカーが「ライカ」とは別の方向へと歩むきっかけともなり、日本が世界に誇る一眼レフカメラの発展へと繋がりましたが、現在でも、デジタルカメラ製品の中で注目を浴びている「ノンレフレックス」または「ミラーレス」と呼ばれるレンズ交換式デジタルカメラの人気の陰に「ライカ」の影響が見え隠れしています。

今回の展示では、本家の「ライカ」を手本とした世界各国の「ライカ型カメラ」を紹介し、ごくわずかしか製造が行われなかったカメラ、確認されているものが数台に留まるカメラなどの希少なカメラも展示いたします。

<関連イベント>
日本カメラ博物館講演会
2014年5月17日(土) 13:00~15:00予定
spacer

日本カメラ博物館 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会