トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT


※半蔵門通信の情報は、半蔵門総合研究所のご協力をいただいています。

 第88回 垣見家 その2(麹町4丁目)

垣見家が麹町にきたのは天明年間(1781~1789)で、「和泉屋」(写真)という屋号で酒醤油両替店を開業しました。酒屋、米屋、呉服屋、そして質屋をへて明治初年には、酒卸業の八郎右衛門さんと垣見油店の佐右衛門さん(第86号記載)の油脂販売店がありました。泉商事ビルの先々代六代目・垣見八郎右衛門さんは区会議長等公職をし、多方面で麹町に貢献しました。 今も、ビルの前にある、江戸時代からの汲み上げ井戸(写真)は、先々代から家の庭にあったものの一つです。ビルの屋上にお稲荷が祭ってあり(伏見稲荷)、向かいの三菱東京UFJ銀行裏の豊栄稲荷と合同で毎年、お参りがなされています。垣見家は本業以外に両替商もした縁から三菱東京UFJ麹町支店の所にあった前身の麹町銀行にも出資しており、土地も提供し、地下には防空壕があったそうです。

連絡先:半蔵門総合研究所 徳光 s.tokumitsu@mountain.ocn.ne.jp



                 

  



         

        

   

 

一般社団法人 千代田区観光協会