トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

クローズアップ工芸 (東京国立近代美術館 主催)

spacer
日時 2013年9月14日(土)~12月8日(日)
10:00~17:00(入館は16:30まで)

※会期中、一部作品の展示替をおこないます。
前期 9月14日(土)~10月20日(日)、後期 10月22日(火)~12月8日(日)
休館日 月曜日(9/16、9/23、10/14、11/4は開館)、
9/17(火)、9/24(火)、10/15(火)、11/5(火)
場所 東京国立近代美術館工芸館(北の丸公園1-1)
アクセス

東西線「竹橋駅」1b出口・徒歩8分
東西線・半蔵門線・新宿線「九段下駅」2番出口・徒歩12分

観覧料  一般500円(350円)、大学生300円(150円)
※( )内は20名以上の団体料金(消費税込)。
※高校生以下および18歳未満、障害者手帳等をお持ちの方とその付添者(1名)は無料。
※入館の際、学生証、運転免許証等の年齢のわかるもの、障害者手帳等をご提示ください。

無料観覧日:2013年11月3日(日)
主催 東京国立近代美術館
お問合せ先 東京国立近代美術館
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

ホームページ http://www.momat.go.jp

イベント内容

spacer
素材の力と、技量と表現が織り合わされた工芸作品では、その質感や細部に、意外な表情を発見することがあります。遠目には、見えなかった色やかたちが、作品にぐっと近づくことで、生き生きとした姿を現します。ときにはそれが、作品の印象をガラリとかえてしまうことも少なくありません。素材の表情を豊かに伝えるテクスチャーや、精巧な技術に裏打ちされた細部、こんな小さな部分にこそ、作家の表現を支える秘密が潜んでいます。

2013年秋の工芸館の企画展「クローズアップ工芸」は、近現代を代表する作家5名-鈴木長吉(1848-1919)、富本憲吉(1886-1963)、松田権六(1896-1986)、森口華弘(1909-2008)、小名木陽一(1931-)-を取り上げ、その作品の特色にフォーカスするオムニバスの展覧会です。明治時代から現代にいたるまで、多様な変化を遂げてきたバリエーション豊かな工芸作品で、それぞれの作品の細部に宿る真実に迫ります。会期中、前期(9/14-10/20)、後期(10/22-12/8)で展示替えを予定しています。

<関連イベント>

◎研究員によるギャラリートーク
2013年10月20日(日)/11月17日(日)
各日とも午後2時から会場にて。
参加無料・申込不要(要観覧券)。

◎タッチ&トーク
会期中の水・土曜日 午後2時から(約1時間)
<さわってみようコーナー>で本物の迫力を手に取り
間近で堪能、会場では豊富なエピソードとともに
展覧会のみどころを紹介します。
工芸館ガイドスタッフがご案内します。
参加無料・申込不要(要観覧券)。
spacer

チラシ

spacer

spacer

東京国立近代美術館工芸館 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会