「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

ちよだの人々

spacer
第17回

奥野かるた店会長 
奥野伸夫 さん




神保町にある奥野かるた店は、日本で唯一のかるた専門店です。かるたはもちろん、トランプ、百人一首、花札、将棋、囲碁、すごろく、麻雀、チェスやパズルなど室内ゲームでいっぱい。ゆったりとした展示スペースで、原画などが展示されています。

まず初めに、奥野会長と千代田区との関わりについて、お聞かせください。

私は、昭和5年、港区芝、現在の西新橋あたりで生まれました。昭和19年までそこに住んでいました。昭和20年以降、神奈川県藤沢市に住んでおり、現在もそこから湘南電車で通っています。
千代田区に関してということでは、この「奥野かるた店」が神保町で開業してからのお付き合いと言えます。昭和27年に、現在、神保町三井ビルがあるところに、店を構えました。当時は、奥野一香(いっきょう)商店といい、祖父の名前を社名としておりました。当時、その界隈には、日販やトーハン、栗田出版など大手の出版物取次店があり、全国から本や雑誌の仕入れに大勢の方が来られていました。ついでに、トランプや花札、かるた、百人一首など購入していただく感じでした。その後、取次店の移転などあり、昭和50年ごろから、問屋業の形態のまま、一般消費者向けに小売りもするようになりました。昭和53年、現在の神田神保町2-26に移転して、今に至っています。

小学校や中学校時代は、どのような遊びが好きでしたか?やはり、かるたをされていたのでしょうか?

私は、どちらかというと、昆虫採集なんかが好きでした。千代田区の思い出にも関連しますが、よく日比谷公園で「銀やんま」を捕まえていたことを覚えています。また、三省堂に理科の実験道具を買いに行ったりもしました。当時は、千代田区へは都電に乗ってきました。上野動物園にも小川町辺りで乗り換えた記憶があります。
「かるた」はというと、年の瀬近くなると新作が増えるので、よくそれを使って遊んでいました(笑)。どちらかといえば、将棋の方が熱心だったかもしれません。

奥野かるた店は、大正10年創業と聞いていますが、その当時のことで、何かお聞きになっていることはありますか?

きほど、祖父 一香のことをお話しましたが、その祖父が、宇田川町(現 新橋七丁目)で碁盤、将棋盤店を営んでおりました。大正10年に他界しましたが、その年から、父 徳太郎がかるたやトランプの取り扱いを始め、それが奥野かるた店のはじまりです。当時、かるたは関東にはあまりなく、京都から仕入れていたと聞いています。
私は、昭和27年にその父から社長を引き継ぎ、平成14年には娘 誠子(ともこ)に社長を任せています。現在は会長で、夏の期間には「軽井沢小さなかるた館」へ行ってます。

奥野かるた店企画展の人気のあったものを教えてください。また、今後の計画ではどのようなものがありますか?

今年6月に行った、「世界の将棋」が人気の企画でした。インドやベトナム、ミャンマー、中国、韓国などの将棋を集め、展示しました。イベントで、女流のプロ棋士をゲストに迎え、子どもの将棋大会を行いましたが、応援する人も含め50人以上が集まり、この店の2階は一杯の状況でした。

千代田区観光協会になにか望むことがありますか?

央区さんとは、「日本橋かるた」で繋がりがあります。また、その普及版をつくるという話も出ています。「(仮称)上野おやまかるた」の話があります。千代田区にもたくさんの観光資源があり、かるたを検討してみてはいかがですか?
また、当店の一押しの商品として、「木版画 なつかしの歌かるた」があります。今年のお正月に、いかがでしょうか?皆様に、PRをお願いします。

最後に、奥野会長が千代田区で一番お好きな場所を教えてください。

は、お茶の水駅からここまで歩いて通っていますが、男坂を下ってきています。明治大学のあたりも好んで歩いています。
なんといっても一番好きなのは、JRお茶の水駅ホームから見える神田川の景色です。トンネルから地下鉄丸ノ内線が見えたり、また、向かいにはビリヤード淡路亭があります。絶景ポイントと言えます。



ありがとうございました。

奥野会長は、82歳になられますが、ご健在です。なにせ、湘南電車で神保町まで通勤されているのですから!是非、奥野かるた店2階へお越しください。12時から17時まで、奥野会長がにこやかに迎えてくれます。(月曜及び第2・3日曜は休館)

月刊千代田人 バックナンバーはこちら

 

一般社団法人 千代田区観光協会