トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

巨万の富を築いた男・本多静六の人生哲学

spacer
開催日時

2012年1月14日(土)、2月11日(土)、3月10日(土)
14:00~15:30(13:30より受付)

開催場所 千代田区立日比谷図書文化館(千代田区日比谷公園1-4)
地下1階コンベンションホール(大ホール)
アクセス

東京メトロ霞ヶ関駅から徒歩5分
都営地下鉄内幸町駅から徒歩3分
JR新橋駅から徒歩12分

定員 150名(先着順・定員になり次第締切り)
入場料 各回1,000円(当日払い)
申込方法 1)電話:03-3502-3340(4F施設事務室)
2)メール:college@hibiyal.jp
3)窓口:千代田区立日比谷図書文化館1階受付カウンター
上記いずれかにて、氏名(漢字・読み仮名)、電話番号をお伝えください。
申込期間 2011年11月23日10:00  ~ 2012年1月14日14:00
お問合せ先 千代田区立日比谷図書文化館
電話:03-3502-3340(代)
主催 千代田区立日比谷図書文化館
ホームページ http://hibiyal.jp/

イベント内容

spacer

◆巨万の富を築いた男・本多静六の人生哲学 (全3回)

日本初の林学博士であり、東大教授でありながら、一代で億万長者となった本多静六。
じつは、彼こそが日比谷公園を設計、施工した人物です。
その敷地内に教育的施設が必要だと述べ、のちに日比谷図書館が建つことになりました。
莫大な富を社会に還元し続けた本多氏の人生哲学を、曾孫である遠山益氏が3回にわたって語ります。

2012年1月14日(土) 第1回 日比谷公園を創った男 ~公園の中に図書館がある理由~
2012年2月11日(土) 第2回 本多静六の金銭哲学 ~巨万の富の作り方とその使い方~
2012年3月10日(土) 第3回 本多静六の「アカマツ亡国論」 ~3.11から一年 高田松原と防災理念

講      師  : 遠山 益(お茶の水女子大学名誉教授 理学博士)
プロフィール  : お茶の水大学名誉教授(生物学)。本多静六縁戚。1930(昭和5)年、福島県会津若松市生まれ。
           54年、東京教育大学理学部生物学科卒業。
           62年、同大学大学院博士課程修了、理学博士。
           70年から2年間、カリフォルニア大学ポストドクトラルフェローとして渡米。
           74年、お茶の水女子大学助教授となり、のち教授に。
           96年、定年退官。その間の85年には文部省在外研究員として英オックスフォード大へ派遣される。
           98年から2004年まで聖学院大学教授をつとめた。

千代田区立日比谷図書文化館 周辺マップ

 

一般社団法人 千代田区観光協会