トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

第12回三崎町サロン 「不揃いの木を組む」

spacer
開催日時 2011年 9月25日(日)14:00~15:30 ( 開場13:30~ )
開催場所 庭のホテル 東京 2F ファンクションルーム「燦」
入場料 ¥3500  飲み物付き (税・サービス料込み)
テーマ 「不揃いの木を組む」
申込み 庭のホテル 東京 予約センターまでお電話かFAX、
またはメールにてお申し込みください。
問い合わせ 庭のホテル 東京 予約センター
TEL  : 03-3293-0028 (10:00~18:00)
FAX   : 03-3295-3328
Email  : stay@hotelniwa.jp
主催 庭のホテル 東京
主催者ホームページ http://www.hotelniwa.jp/misakichosalon/index.html

主な催し内容

spacer
「不揃いの木を組む」


「美しいモダンな和」がコンセプトの庭のホテルが、優れた日本文化を楽しく学ぶイベントとして、2009年のオープン時から定期的に実施されている三崎町サロン

第12回目となる今回は、「不揃いの木を組む」と題し、宮大工 棟梁の小川三夫氏を講師にお招きして、日本古来の伝統建築と技の伝承や、人材の育て方などについてお話をしていただきます。



小川氏は、法隆寺で3代続いた宮大工の棟梁であった故 西岡常一氏に師事し、飛鳥時代から続く日本古来の建築技術を学ばれました。彼を宮大工への道に導くきっかけとなった法隆寺の五重塔は、世界最古の木造建築で、1300年前に建てられたと言われています。限られた道具と不揃いで癖のある木材を使い、千年以上ももつ建造物を造り上げたいにしえの工人の知恵と技には瞠目すべきものがあります。
人材育成などさまざまなものに通じる、こうしたものづくりの真髄を、法輪寺や薬師寺を再建した時の体験談などを通してたっぷりと伺います。


【講師プロフィール】  小川 三夫(おがわ みつお)

昭和22年(1947年)、栃木県生まれ。
高校の修学旅行で訪れた法隆寺の五重塔に感動し、西岡棟梁の内弟子となる。法輪寺三重塔、薬師寺金堂、薬師寺西塔の再建では、副棟梁として従事。昭和52年、寺社建築技法の伝承を根幹とする鵤いかるが工舎を設立。以後、後進の指導育成に努め、全国各地の寺院の再建・修復工事を行っている。
平成15年、卓越技能者「現代の名工」、平成20年「黄綬褒章」受章。著書には「木のいのち木のこころ 地編」、「不揃いの木を組む」(草思社)、「棟梁」(文藝春秋)、「宮大工と歩く奈良の古寺」(文春新書)などがある。
spacer

庭のホテル 東京 三崎町サロンMAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会