トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

石橋信夫記念館文化フォーラム 第4回 「坂本龍馬なら 今の日本をどう活性化するか」

spacer
開催日時

2011年7月23日(土) 14:00~17:00

開催場所 大和ハウス工業東京支社 2階大ホール
(千代田区飯田橋三丁目13-1)
アクセス

JR水道橋駅西口より徒歩4分
東京メトロ飯田橋駅A2出口より徒歩6分、A5出口より徒歩4分

定員

326名

応募方法

A:ハガキに郵便番号・住所・氏名・年齢・性別・職業・電話番号・
  ご希望の会場(東京)をご明記の上、2011年5月24日(火)必着
  で下記までご応募ください。
  〒107-0051 東京都港区元赤坂1-4-2 知性ビル
           「石橋信夫記念館文化フォーラム事務局」まで

B:「大和ハウス工業オフィシャルホームページ」のバナーから応募
  フォームに入り、2011年5月24日(火)までにご応募ください。

主催 大和ハウス工業株式会社
お問い合わせ

石橋信夫記念館文化フォーラム事務局
電話:03-3403-6451 (土、日、祝日を除く平日9:00~17:00)

イベント内容

spacer

◆「坂本龍馬なら 今の日本をどう活性化するか」

日本は政治も経済も人々の気持ちも停滞しているにもかかわらず、現在、未来を託すべきヒーローが不在の
状況で、多くの日本人は、高いフラストレーションを抱えています。
こうした社会情勢を背景に、今、「坂本龍馬ブーム」は、止まるところを知りません。NHK大河ドラマ「龍馬伝」
の大ヒットを皮切りに、関連書籍は相次ぎ、ゆかりの地を巡るツアーは集客を高めるなど、人びとは「現代の
龍馬」探しにやっきになっています。
私ども大和ハウス工業を築きあげた故石橋信夫も、龍馬同様、日本社会の発展の大きな夢を抱き、激動の人
生を歩みました。今回の『石橋信夫記念館文化フォーラム』は、あらためて、龍馬なら今の日本をどのようにし
て活性化するか、現代の坂本龍馬の要件はなにか、各界の論客の白熱した議論で、聴講者の勇気を奮い立
たせ、明るい気持ちになれるような内容にします。

◆聴講ご希望・ご応募の方は、抽選の上、無料でご招待いたします。
◆記念品:ご聴講の方全員に、平尾俊郎+大和ハウス工業総合技術研究所著
  『改築上手 「心地いい家」のヒント52』(新潮新書)をお持ち帰りいただきます。

◆パネリスト(順不同)
 半藤一利(作家・評論家)  黒鉄ヒロシ(漫画家)

 磯田道史(歴史学者)    谷村志穂(作家)

大和ハウス工業東京支社 周辺マップ

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会