第3章 政治や軍の中心となった町 ~霞ヶ関・有楽町~ 今でも政治の中心地であるこの町は、政治と軍の中枢でした。当時の面影は残されていませんが、想いを巡らせて歩いて見てください。
坂の上の雲マップ ~霞ヶ関・有楽町~
東京女学館発祥の地
 
千代田区永田町二丁目18衆議院議長公邸外側石垣
地下鉄半蔵門線/永田町駅・丸の内線赤坂見附駅8番出口より徒歩3分

東京女学館は、 明治20年(1887)、この地を皇室より貸与され、 翌21年(1888)『国際性を備えた知性豊かで気品ある女性の育成』を建学の精神として、伊藤博文、渋沢栄一、岩崎弥之助、外山正一、コンドル、アレクサンダー・ショーなど、日本の近代化の礎を築いた明治の元勲を初めとする各界の名士により創設されました。衆議院議長公邸の北側青山通り沿いの壁に、東京女学館発祥の地のレリーフが埋め込まれています。
(千代田まち事典より)
 

▲MAPに戻る                   
華族女学校遺跡碑
 
千代田区永田町二丁目18-2 参議院議長公邸東門
地下鉄半蔵門線/南北線/有楽町線永田町駅6番出口より徒歩5分

秋山真之の妻秋山季子は宮内庁御用掛・稲生真履の三女であり華族女学校を卒業した才女でした。華族女学校遺跡碑がここ参議院議長公邸の東門に立っています。華族女学校は女子学習院の前身です。
(NHKスペシャルドラマ・ガイド坂の上の雲第2部・千代田まち事典より)
 

▲MAPに戻る                   
伊藤博文銅像
 
千代田区永田町一丁目7 国会議事堂参議院北門脇
地下鉄 有楽町線・半蔵門線・南北線永田町駅 1番出口より徒歩約3分 地下鉄 丸ノ内線・千代田線国会議事堂前駅 1番出口より徒歩約6分

初代内閣総理大臣となった伊藤博文。さらに枢密院議長に就任、大日本帝国憲法の制定に貢献します。日露戦争では不戦を訴え外交交渉に奔走しました。ハルビンにて暗殺されました。国会議事堂は見学できます。
(NHKスペシャルドラマ・ガイド坂の上の雲より)
 

▲MAPに戻る                   
陸奥宗光銅像
 
千代田区霞ヶ関二丁目2 外務省内
地下鉄霞が関駅A4又はA8出口すぐ

陸奥宗光は、第二次伊藤内閣の外務大臣とし治外法権の撤廃に成功しました。陸奥が表舞台に引き上げたのが後に関税自主権回復に成功する小村寿太郎です。陸羯南が子規に「この小村寿太郎というひとは相当やるかもしれないね」と、当時まだ無名だった小村の事を語ったことがあります。
(NHKスペシャルドラマ・ガイド坂の上の雲・司馬遼太郎「坂の上の雲」より)
 

▲MAPに戻る                   
海軍省の跡
 
千代田区霞ヶ関1丁目2番1号農林水産省
地下鉄丸ノ内線、千代田線、日比谷線霞ヶ関A6、A7、A9出口すぐ

イギリス人ジョサイア・コンドルの設計により1894年に海軍省の建物が完成しました。現在の農林水産省(中央合同庁舎第1号)の地です。当時の建物は1985年に完全に撤去されました。
写真提供:国会図書館
 

▲MAPに戻る                   
日比谷焼打事件跡
 
千代田区日比谷公園
地下鉄丸ノ内線・千代田線霞ヶ関M15・C08出口、日比谷線日比谷H07出口 徒歩2分 

日比谷焼打事件(ひびややきうちじけん)は、日露戦争後の賠償に対する不満から、1905年9月5日、東京日比谷公園の集会をきっかけに起こった暴動です。また、日比谷公園内にある松本楼は、夏目漱石「野分」の中に取り上げられています。
日比谷松本楼ホームページより)
 

▲MAPに戻る                   
鹿鳴館跡
 
千代田区内幸町1-1大和生命ビル
内幸町駅A5出口より徒歩2分

日比谷通りを挟み日比谷公園の向かい側にある大和生命ビル前に、「鹿鳴館跡」のプレートがあります。
鹿鳴館はイギリス人ジョサイア・コンドルによって設計されたレンガ造り二階建ての洋風建築で、明治16年(1883)年落成しました。この年に、正岡子規・秋山真之が上京し、青春を謳歌し始めました。また、大山巌夫人の捨松は「鹿鳴館の花」と呼ばれていました。
(千代田まち事典より)
写真提供:国会図書館 
 

▲MAPに戻る                   
帝国劇場
 
東京都千代田区丸の内3丁目1−1
JR有楽町駅国際フォーラム口下車徒歩3分
地下鉄日比谷線 日比谷駅より徒歩4分・有楽町線 有楽町駅より徒歩0分・有楽町線有楽町駅より徒歩0分・千代田線日比谷駅または二重橋駅より徒歩4分・都営三田線日比谷駅より0分

伊藤博文・西園寺公望・渋沢栄一などの主唱によって、明治44年(1911)ヨーロッパ風白亜の劇場が設けられました。現在の帝劇は昭和41年に新装したものです。明治44年頃は、正岡子規はすでになくなり、秋山好古は陸軍中将、真之は第一艦隊参謀長でした。
(史跡と観光より)
写真提供:国会図書館
 

▲MAPに戻る                   
陸軍大学校跡
 
千代田区皇居外苑3-1 和田倉噴水公園あたり
地下鉄大手町駅D2出口・二重橋前駅6番出口より徒歩2分/JR東京駅丸の内中央口より徒歩5分

秋山好古は明治16年(1883)陸軍大学校に入学しました。新設当時陸軍大学校は和田倉門付近の旧大名屋敷を改造し使用しました。麹町区元千代田、現在の皇居外苑和田倉噴水公園の周辺にあたります。
(司馬遼太郎坂の上の雲より)
写真提供:国会図書館
 

▲MAPに戻る                   
司法省法学校
 
千代田区丸の内一丁目 大丸東京のあたり
JR東京駅八重洲口

東京大学法学部の前身の一つ。正岡子規の叔父、外交官、政治家、元衆議院議員、元松山市長である加藤恒忠の出身校。陸羯南、原敬も学んでいます。司法省法学校は麹町区永楽町、今の大丸東京の周辺にあたります。
 

▲MAPに戻る                   
渋沢栄一像
 
千代田区大手町2-7-2 常磐橋公園
地下鉄銀座線・半蔵門線三越前駅B1出口徒歩5分

「私利を追わず公益を図る」日本実業会に身を捧げた男、渋沢栄一の銅像が常磐橋公園にあります。神田小川町裏神保小路に住んでいたこともあります。日本の資本主義の父渋沢は、秋山兄弟や正岡子規と同じ時代を生き、違う道で活躍をしました。
(散歩の達人東京幕末・明治さんぽ帖)
 

フッター
 

一般社団法人 千代田区観光協会