「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

神田の蕎麦について

 江戸の町に、日本橋・京橋ができたのは寛永9年(1632年)の頃といわれ、「本郷もかねやすまでは江戸の内」と
いわれたのは寛文10年(1670年)とされております。その江戸に「蕎麦~、蕎麦~」と江戸の「けんどん蕎麦切り」が
初めて登場したのは、寛文4年(1664年)のこと。柳原、呉服橋、御持院ヶ原にて客の袖をひいた夜鷹に人気を博し、
江戸中に広がったと「守貞漫稿」に記されております。また現在のそばの原型といわれる二八蕎麦の始まりは、「衣
食住記」によると、「享保半ごろ、神田辺りにて二八即座けんどうという看板を出す。」というのが最も古く、1730年頃
にこの神田の地に店売りの二八蕎麦屋があったことを教えてくれます。ちなみにけんどんとは江戸っ子の言葉の
「つっけんどん」から来ており、愛想がない様子の呼び方で、転じてそばのおかわりをしないさまを指していたとも言
われています。

 二八に関して言えば、粉の割合説、2×8=16文の値段説とがあります。その蕎麦屋にも、万延元年(1860年)頃
には「蕎麦高値ノコトニ係リ、江戸内蕎麦店会合ス、其戸数3763店也」と書かれるほどに普及しました。現在の東京
の町の広さや人口が約10分の1だった江戸時代に、現代以上の蕎麦屋がひしめいていた事になります。これは「江
戸わずらい」といわれた「脚気」の薬として白米の5.4倍のたんぱく質、ビタミンBを含む蕎麦を江戸っ子たちは1日1食
食べていた事になります。また、作り方(切りベラ24本という細切り)等食べ方(汁を蕎麦の2/3つけて噛まずに食べ
る)等にも江戸っ子としての粋がちりばめられ、ますます蕎麦が人気の食べ物となりました。

 江戸時代から350年余、人々の食生活が変化する中で歴史と伝統あるこの神田の地で蕎麦の文化を守ろうと13
軒の蕎麦屋で平成12年「江戸神田蕎麦の会」を発足しました。現在は17軒に拡大しました。蕎麦屋の店内に現代
アートを展示する「そばアート」の開催や秋葉原のビルの屋上に蕎麦畑を作り、子どもたちと収穫し、アイデア蕎麦
を実現させたり、18軒の蕎麦汁を一堂に集めた「つゆ比べ」を開催したり、神田地域のまちづくり、コミュニティ活性
化をしております。 「蕎麦の町、神田」でこの地図を片手に散歩し、蕎麦と神田の町を楽しんでいただけたら幸い
です。

下のバナーをクリックすると各エリアの店舗情報をご覧いただけます。
神保町(神田書店街)をご紹介 御茶ノ水・駿河台・猿楽町をご紹介











秋葉原・須田町界隈ををご紹介 旧神田をご紹介











※情報は平成23年1月現在のものです。情報は変更となる可能性がありますので、ご了承ください。

 

一般社団法人 千代田区観光協会