spacer

東京セントラルパークブログ

spacer
名前: parkblog 作成日: 2009/01/26 11:59
東京セントラルパークブログ

投稿者: parkblog 投稿日: 2012/11/01 15:39

本日より、日比谷公園にて開催されている「平成24年度 東京都観光菊花大会」
に行ってきました。

日比谷通りから、日比谷門を抜けると、菊飾りが展示してあります。


会場は、草地広場。10時から16時まで、入場無料で観覧できます。展示は11月23日(金・祝)まで。



入り口付近にある、説明書き。菊の種類について書いてあります。
※下記画像をクリックすると拡大されます。(PDF)


会場の様子。
色や形の異なる種類が、小屋の中に展示されています。






小菊を使った盆栽の展示もあります。


会場では、苗を販売している所もありました。


日比谷公園は、紅葉が美しいスポットです。
次第に、木々が赤く&黄色くなりつつあります。併せて、観にきてください。

雲形池&鶴の噴水の風景。


菊花大会の詳細はコチラ
⇒ http://www.kanko-chiyoda.jp/tabid/1577/Default.aspx

投稿者: parkblog 投稿日: 2012/10/11 12:35

平成24年9月29日(土)~10月28日(日)の間に開催されています。
千代田区では、日比谷公園会場と協賛会場である丸の内会場があります。



日比谷公園会場は「都市を彩る生命(いのち)の風」をテーマに開催されています。
このイベントは都市のみどりのシンボルとして、また、日本初の本格的な洋風公園という歴史的環境の中で「緑のムーブメント」を発信し、10周年を迎えた日比谷公園ガーデニングショーのこれまでの取組をベースとしながら、最先端の緑化技術や環境技術、「2020年の東京」への施策を分かりやすく展開(第10回日比谷公園ガーデニングショー2012を同時開催)しています。
  
1万人のメッセージガーデン
復興への来場者の想い、祈りにより、世界中が東北を応援していることを表現する世界地図を模したガーデンが出現します。


花の泉
日比谷公園の顔とも言える大噴水において、アーティストが竹を使って造形し、
水と緑の華やかな空間を演出ています。

ガーデンコンテスト出展展示の様子

他にも様々な展示・出展がありますので、ご興味がある方は、どうぞ足をお運び下さい。

詳細はこちら⇒http://greeneryfair-tokyo.jp/spot/hibiya/post_73.html

投稿者: parkblog 投稿日: 2012/10/09 16:58

10月7日(日)に、秋の「江戸城ウォーク」を実施しました。
第一回目は、旧江戸城内散策です。当日は、天候に恵まれず、雨の中のウォーキングでした。

観光協会に集合し、まず初めに北の丸公園へ向かいます。
今回は、東京シティガイドクラブのガイドさんに、ご案内いただきました。

北白川宮能久親王銅像(東京国立近代美術館工芸館付近)
 

北桔橋門。ここから、皇居東御苑に入ります。
 

天守台。明暦の大火(1657)で、江戸城は焼失しました。
 

百人番所。とても大きな検問所です。
 

二の丸庭園。一年を通して、花や草木を楽しめます。
 

大手門から出て、皇居外苑へ向かいます。

二重橋。奥に架かっている正門鉄橋の呼称です。
 

桜田門。この近くで、井伊直弼が暗殺された、桜田門外の変(1860)が起きました。
 

楠公レストハウスで、昼食をとります。
江戸エコ行楽重を楽しみます。本ツアー限定の卷餅も付いています。
 

料理長から、メニューの説明がありました。
一品ごとに、江戸時代の知恵や工夫が施されており、皆さん耳を傾けながら、味わっておりました。

 

10月後半にも、江戸城ウォークを予定しております。
残り僅かですが、まだ空きがあります。

詳細はコチラ⇒ http://www.kanko-chiyoda.jp/tabid/2665/Default.aspx

投稿者: parkblog 投稿日: 2012/09/25 16:38

毎年9月25日に開催される、日比谷松本楼の「10円カレーチャリティ」に行ってきました。
今回で、第40回目を迎える、秋の恒例のイベントであり、多くの人で賑います。

10円カレーチャリティの起源は…
1971年(昭和46年) 11月19日、沖縄返還協定反対デモが日比谷公園内で激化し、その中で過激派学生の投じた火炎瓶が松本楼を直撃し、焼失しました。全国からの暖かい励ましに支えられて、日比谷松本楼は2年後に再オープンしました。その時の感謝の心をこめた記念行事として「10円カレーチャリティ」が始まりました。

 

11時にスタートでしたが、朝早くから並んでいる方もいたようです。
12時過ぎには「来場者が1000人を超えた」というアナウンスがありました。
 

松本楼の横からは、最後尾が見えません。行列は、日比谷公園の端の方まで続いていました。
 

松本楼前では、吹奏楽と、チアリーディングが披露され、会場を盛り上げていました。

順番を待って店内に入ると、受付で募金をします。10円以上であれば、いくらでも構いません。
集まった募金は、ユニセフ等に寄付をされます。

お目当ての、「ハイカラカレー」です。とろみがあって濃厚な味がします。
ビーフは、かたまりと、ほぐされたものが、贅沢に入っていました。とても美味しかったです。
 

日比谷公園内は、9月29日から始まる、「日比谷公園ガーデニングショー2012」の準備が行なわれていました。


ガーデンコンテストの作品が展示されています。お立ち寄りの際は、是非ご覧ください。


◎日比谷公園ガーデニングショー2012
詳細⇒ http://www.kanko-chiyoda.jp/tabid/1569/Default.aspx

投稿者: parkblog 投稿日: 2012/09/07 10:42

9月6日(木)から日比谷公園で開催されている
「アサヒビール オクトーバ―フェスト」に行ってきました。
オクトーバ―フェストとは、9月末から10月初めまで、ドイツのミュンヘンで開催されるビールの祭典です。
日比谷公園では、5月にドイツビールのオクトーバ―フェストが開催されています。

今回は、アサヒビールのオクトーバ―フェストです。
初日は、あいにくの雨でしたが、夕方から続々とお客さんが入場していました。

晴れていれば、埋まっていたと思われる、テーブル席。
その代わり、テント席は満員でした。あと2日間は、天候に恵まれることを期待します。
 

「スーパードライ エクストラゴールド」の売り場。氷点下が売りのビールを楽しめます。
ブラック(黒)もありました。チケットを買って、注文するシステムです。
 

キンキンに冷えています!一般的なオクトーバ―フェストと違い、グラスはデポジット(現金預かり)ではなく、飲み終わったら返却する方式です。
 

おなじみの「スーパードライ」も売っています。
オクトーバーフェストというと、単価の高いイメージがありますが…
会場のビールやおつまみの多くは、ワンコインで楽しめます。
 

生ビールだけではなく、缶ビールも取り扱っています。
昨今、流行っているノンアルコールビールも販売していました。
 

ビールに合うおつまみも、充実しています。
「五浦ハム」の売り場。ハム焼のおいしそうな匂いがします。

オープニングイベントが催されていました。
スペシャルゲストの登場に、お客さんも大興奮でした。
残念ながら、ステージの写真撮影は禁止です。

9月8日(土)まで開催していますので、是非、足を運んでみてください。
暑さが残るこの季節にピッタリな、納涼イベントです!

詳細(観光協会イベントページ)
⇒ http://www.kanko-chiyoda.jp/tabid/2142/Default.aspx

投稿者: parkblog 投稿日: 2012/08/15 15:55

夏の皇居東御苑は外国の方の観光客で賑わっています。
歩いていると耳にはいるのは海外の言葉ばかりで、ちょっと旅行に行った気分です。

夏といえば日本人には、花火・風鈴・蚊取り線香そしてひまわりではないでしょうか?

ここ皇居東御苑には「はるかのひまわり」が毎年さいています。
――はるかのひまわりとは、平成7年(1995)1月17日朝に起こった大震災で、
加藤はるかさんという神戸の小学6年生の少女が亡くなりました。
その夏、少女の家があった場所に咲いた大きなひまわりを、
地域の人々が「はるかのひまわり」と名付け、
各地でその種子から花を咲かせてほしいと願ってきました。
平成17年(2005)1月、阪神・淡路大震災の10周年追悼式典のために
神戸を訪ねられた天皇皇后両陛下に、遺族代表の小学生が
その種子を差し上げました。両陛下は、
その種子を御所のお庭にお捲きになってお育てになり、
採れた種子を宮内庁に下さったものが、このひまわりです。――

投稿者: parkblog 投稿日: 2012/07/11 16:21

梅雨の晴れ間の皇居東御苑

あじさいがきれいに咲いています。


日向のあじさいは少し辛そうで乾燥しかけていました。
あじさいのためには雨が降ると良いですね。

初夏を告げる花々が顔をだしはじめた皇居東御苑。

ひまわりは、顔を出してきました。
成長が楽しみですね。

「ゴンザイ」の木

可憐な花「ヒメヒオウギズスイセン」

夏の暑さを忘れさせてくれる空間、新雑木林。


都心にこんな空間があるとは知る人ぞ知ると言ったところです。
花をめでるもよし。涼を求めるもよしの皇居東御苑です。

投稿者: parkblog 投稿日: 2012/06/19 15:29

菖蒲が見どころのピークをそろそろ迎えようとしているようです。
菖蒲田には一眼レフカメラを持った方が沢山・・・観光だけの方より多いです。


東御苑の菖蒲田は84種のハナショウブが植えられています。

ハンショウブは改良された地域によって、三系統に大別され、ここには江戸継が植えられています。
江戸系は、庭園などで群生の美しさを観賞するのに向き、雨風に強く、草丈の高いものが多いそうです。

あじさいは、梅雨をむかえますますイキイキとしとしています。


投稿者: parkblog 投稿日: 2012/06/13 10:12

菖蒲とあじさいがきれいに咲き誇っています。



菖蒲には見学の方もたくさんいらしています。


東御苑の菖蒲田の菖蒲は、菖蒲で有名な明治神宮からカブ分けしてもらったそうですが、明治神宮は病気でだめになり、東御苑から逆にカブわけしたそうです。


東御苑の紫陽花は、天守台のそばと、富士見多門付近が有名ですが、両方とも坂を上っていかなければいけないので、菖蒲と紫陽花両方見たいが坂はつらいと言う方必見!!二の丸庭園の池のほとりにも紫陽花が咲いています。

まだまだ見頃は続きそうなので、是非足を運んでみてください。

投稿者: parkblog 投稿日: 2012/05/31 18:02

皇居東御苑は、花盛りです。

5月中旬頃より咲いているバラやさつきの他に菖蒲やあじさいといった花が咲き始めています。

きれいな花と森林浴が楽しめるこの季節に本日は、皇宮警察によるランチコンサートが行われました。

小さなお子様からご高齢の方までたのしめる選曲です。


コンサート終了後小さなお子さんは太鼓などたたかせてもらい楽しそうです。

次回は6月21日木曜日です。
晴れるといいですね。

のぞみ(バラ科)


ツクシイバラ

イサヨイバラ


さつき

富士見多門付近のあじさい

菖蒲田の菖蒲

是非新緑と花を見に足を運んでください。

 

一般社団法人 千代田区観光協会