spacer

東京セントラルパークブログ

spacer
名前: parkblog 作成日: 2009/01/26 11:59
東京セントラルパークブログ

投稿者: parkblog 投稿日: 2010/11/16 15:50

11月下旬から12月初旬にかけて
皇居東御苑では紅葉が最高潮を迎えます。

そんななかで樹下に彩りを放つ植物も見ることができます。
この季節、かわいい黄色のツワブキ。
苑内各所で見られ、本丸南側には群落をつくっています。



そして、本丸休憩所前のジュウガツザクラ。
春のさくらに比べてはなが目立ちませんが徐々に
趣を増しています。



それから、書稜部前では鮮やかなコムラサキ。



紅葉を見上げながら、こうした植物も楽しめる
秋から初冬の皇居東御苑です。

投稿者: parkblog 投稿日: 2010/11/03 16:31

ワインの新酒といえば、バブル期以降ボジョレーが定番ですが
どっこい、国産ワインも忘れることなかれ。

11月3日は山梨ワインのヌーボー解禁。
日比谷公園では恒例になった山梨ヌーボー祭が開催されています。

朝11時のオープン時にはすでに受付には長い列。



入場料1000円を支払うと、試飲用のワイングラスとおつまみが渡されます。
受付は、日比谷花壇側、日比谷松本楼側にあり、
12時以降は、松本楼側が比較的空いていました。



グラスを持って試飲ブースに並びます。
入口で各ワイナリーの新酒の番号が書かれたプログラムを渡されるので
その番号を目指して並びます。
が、あまりの人で何番に並んでいるのか途中で分からなくなることもしばしば。



グラスにいれてもらったらすぐまた飲みながら違う列に並ぶ。
そんな人が多かったようです。



一方、ふだんは入れない芝生広場にしっかり場所をとって
東京のまん真ん中でワインピクニック。
開始1時間後でスペースを探すのは困難。

芝生広場でゆったりたしなむ常連組。
試飲を繰り返す常連組。そんな二つのタイプに分かれているようです。
初めての人はちょっと戸惑うかもしれませんが
このブログでなんとなく雰囲気がわかるのではないでしょうか。



試飲で気に入ったものがあれば、さっそく購入。
人気のワインは時間前に売り切れてしまうこともあります。



こだわり派にはちゃんとワイングラスを洗浄する設備もありました。



一方おつまみはというと、ワインに合う甲州地元グルメのブースも出店。
清里からは、ソーセージやハム。



またヤマメの塩焼きも美味しそう。



そして、ことしのとあるB級グルメの大会でグランプリを獲得したメニュー
甲府の鳥もつ煮は開始早々に完売。
明日も200食用意されるそうです。


明日は平日ですが、休暇をとっていかがですか?取れればですが。
さもなければ、お昼休みにのぞいてみては?

投稿者: parkblog 投稿日: 2010/11/03 10:02

地下鉄の九段下から近い北の丸公園。
田安門からはいり日本武道館を抜けると、都会の喧騒から離れた癒しの空間。

鮮やかな紫色を見つけました。
科学技術館そばのコムラサキ。



その隣には真紅のウメモドキ・・・・たぶん?




また意外としられていないのですが
北の丸公園の南側出入り口は皇居東御苑北桔橋門とほぼ直結。

皇居東御苑では黄色いツワブキが咲き始めました。

投稿者: parkblog 投稿日: 2010/11/01 18:01

11月1日、日比谷公園内の草地広場で東京都観光菊花大会が始まりました。



会場には、様々なパターンの菊が展示されています。



我が国の菊花大会でも屈指の規模の展示ですが
本日はまだ初日ということで、半分ほど準備中ですが、
見事な菊が並んでいます。



盆栽コーナーでは外国人観光客が足を止めていました。



東京都観光菊花大会、11月23日までです。
詳しくは → こちら

投稿者: parkblog 投稿日: 2010/10/27 16:45

今日、10月27日。肌寒い秋の朝。
皇居東御苑で桜が咲いている!との報を受け向かってみました。

桜といっても秋に咲き始めるジュウガツザクラ。
本丸広場東側にあるジュウガツザクラは2分~3分咲の様子。



ソメイヨシノなどとは違ってこれから1~2カ月じわじわと咲いていきます。

そして秋の花といえば菊ですが、キク科の花も綺麗です。
こちらはショウメイギク



そしてこちらが二の丸雑木林で見つけたノコンギク



こらから咲き始めるのは、本丸広場西側に群落のあるツワブキ。
まもなく、黄色いかわいい花を咲かせます。



このほかにも東御苑の深まる秋を切るとると。
本丸広場ではヤマザクラの紅葉が。



大番所の前のススキ



大手門休憩所のそばでは、たわわに実るカリン。

深まる秋を感じる皇居東御苑です。

投稿者: parkblog 投稿日: 2010/10/24 1:20

花とみどり・心豊かな暮らしのdesignをテーマに10月23日から始まった
日比谷公園ガーデニングショー2010。



初日、秋の好天に恵まれて多くのガーデニングファンで賑わいました。



第二花壇の芝生広場では、ハンギングバスケット部門の展示。



  

コンテナガーデン部門も芝生広場で展示されています。

 

大噴水の周辺では、ライフスタイルガーデン部門の展示。

 

日比谷公会堂側のニレの木広場ではガーデン部門が展示されています。



会場には、フードの出店もあり、心地良い空間で食事を楽しめます。

 

小音楽堂前では、プロから学ぶ緑の技術講習会。
NHK「趣味の園芸」の公開収録だそうです。満席です。



このほかにはツリークライミング体験などの特別メニューもあります。



日比谷公園ガーデニングショーは、10月31日(日)まで開催されています。
くわしくは → こちら


投稿者: parkblog 投稿日: 2010/10/09 22:14

10月14日は「鉄道の日」だそうで、
全国では鉄道関係のイベント、キャンペーンがめじろおしです。

日比谷公園では、第17回鉄道フェスティバルが
10月9日(土)10日(日)の二日間開催されています。



大噴水から、第二花壇に沿って色とりどりなJR各社のブース。
赤はJR九州。



青は、JR四国。龍馬伝や坂の上の雲のプロモーションが目立ちました。



こちらはJR北海道。



日比谷公会堂側のニレの木広場は民間鉄道コーナー。
阪神・阪急などのブースに行例ができていました。



地方鉄道各社が地域の特色を出したものを販売。

 

民鉄コーナーでは、トークショーが行われ今日9日は中川家の弟礼二さんが登場。
多くの人が集まっていました。明日は水野裕子さんだとか。



日比谷公会堂前では、ちびっこ向けの機関車トーマスのミニSL。

ランチは、やはり駅弁。

今日は、雨模様で、木の下のベンチで食べている方が多かったですが
第二花壇の芝生広場も開放されています。



鉄道フェスティバル@日比谷公園。
明日、10月10日(日)も開催されます。

くわしくは → こちら

投稿者: parkblog 投稿日: 2010/10/05 22:31

今年はどうも、皇居桜田濠のヒガンバナのカーペットを見逃してしまったようです。
先月末に開花状況を見に行ってから1週間。
まだ大丈夫だろうと思ったら、お濠の土手は既に盛りを過ぎていました。
三宅坂の大群落のところでもこんな感じです。

ヒガンバナ

対岸も、ポツンポツンと。

桜田濠

それならばと皇居東御苑内へ。
しかし・・・残念ながら群落のところは盛りを超えていました。
こちらは、梅林坂と二の丸雑木林の間のヒガンバナ。

ヒガンバナ

しかし、苑内ところどころに、紅色のアクセントが点在しています。

大番所前では

ヒガンバナと大番所

汐見坂から白鳥濠を見下ろすと、背景には丸の内のビル群。

ヒガンバナと白鳥濠

ヒガンバナから目を上に向けると、もう10月。空が広い。

百人番所

すすきの穂も開き風にそよぎ始めました。

すすき

クコも実をつけはじめました。

クコの実


投稿者: parkblog 投稿日: 2010/10/05 22:26

お彼岸もだいぶ過ぎ、10月も5日に。
それでも今年のヒガンバナは開花が遅く
日比谷公園のテニスコート脇の観覧席ではヒガンバナが満開です。

ヒガンバナ

テニスコートの西側にある三笠山にも小さな群落があります。
こちらは盛りを過ぎた感じでした。

ヒガンバナ

投稿者: parkblog 投稿日: 2010/09/29 19:00

毎年秋のお彼岸が近づくと
測ったように咲き始めるヒガンバナ。

ところが、今年は酷暑のせいでしょうか。彼岸を過ぎても見頃になりません。
と思っていたら、先週からの雨もあり、今日9月29日皇居周辺では
各所でヒガンバナが見頃となってきました。

皇居周辺でも有名なのは桜田濠から半蔵濠にかけての土手です。
桜田門のそばにちょっとした群落があります。



まだ、咲き始めといったところでしょうか。



国会前の交差点付近から振り返ると、土手の斜面に赤い群落が見えます。





三宅坂の側にも群落があり、シロバナマンジュシャゲも咲いています。



赤いヒガンバナ。一面真っ赤な絨毯になるにはもう数日かかりそう。



お濠を見下ろしていたら、ニョロニョロと!


皇居東御苑に入ると、苑内各所でヒガンバナが咲いていました。
こちらは本丸芝生広場南西の群落。



アップで撮ってみると。



巾着田のような大群落を楽しむのではなく、
皇居・旧江戸城という歴史的雰囲気とヒガンバナの組み合わせを楽しむ感じです。



 

一般社団法人 千代田区観光協会