spacer

東京セントラルパークブログ

spacer
名前: parkblog 作成日: 2009/01/26 11:59
東京セントラルパークブログ

投稿者: parkblog 投稿日: 2010/10/27 16:45

今日、10月27日。肌寒い秋の朝。
皇居東御苑で桜が咲いている!との報を受け向かってみました。

桜といっても秋に咲き始めるジュウガツザクラ。
本丸広場東側にあるジュウガツザクラは2分~3分咲の様子。



ソメイヨシノなどとは違ってこれから1~2カ月じわじわと咲いていきます。

そして秋の花といえば菊ですが、キク科の花も綺麗です。
こちらはショウメイギク



そしてこちらが二の丸雑木林で見つけたノコンギク



こらから咲き始めるのは、本丸広場西側に群落のあるツワブキ。
まもなく、黄色いかわいい花を咲かせます。



このほかにも東御苑の深まる秋を切るとると。
本丸広場ではヤマザクラの紅葉が。



大番所の前のススキ



大手門休憩所のそばでは、たわわに実るカリン。

深まる秋を感じる皇居東御苑です。

投稿者: parkblog 投稿日: 2010/10/24 1:20

花とみどり・心豊かな暮らしのdesignをテーマに10月23日から始まった
日比谷公園ガーデニングショー2010。



初日、秋の好天に恵まれて多くのガーデニングファンで賑わいました。



第二花壇の芝生広場では、ハンギングバスケット部門の展示。



  

コンテナガーデン部門も芝生広場で展示されています。

 

大噴水の周辺では、ライフスタイルガーデン部門の展示。

 

日比谷公会堂側のニレの木広場ではガーデン部門が展示されています。



会場には、フードの出店もあり、心地良い空間で食事を楽しめます。

 

小音楽堂前では、プロから学ぶ緑の技術講習会。
NHK「趣味の園芸」の公開収録だそうです。満席です。



このほかにはツリークライミング体験などの特別メニューもあります。



日比谷公園ガーデニングショーは、10月31日(日)まで開催されています。
くわしくは → こちら


投稿者: parkblog 投稿日: 2010/10/09 22:14

10月14日は「鉄道の日」だそうで、
全国では鉄道関係のイベント、キャンペーンがめじろおしです。

日比谷公園では、第17回鉄道フェスティバルが
10月9日(土)10日(日)の二日間開催されています。



大噴水から、第二花壇に沿って色とりどりなJR各社のブース。
赤はJR九州。



青は、JR四国。龍馬伝や坂の上の雲のプロモーションが目立ちました。



こちらはJR北海道。



日比谷公会堂側のニレの木広場は民間鉄道コーナー。
阪神・阪急などのブースに行例ができていました。



地方鉄道各社が地域の特色を出したものを販売。

 

民鉄コーナーでは、トークショーが行われ今日9日は中川家の弟礼二さんが登場。
多くの人が集まっていました。明日は水野裕子さんだとか。



日比谷公会堂前では、ちびっこ向けの機関車トーマスのミニSL。

ランチは、やはり駅弁。

今日は、雨模様で、木の下のベンチで食べている方が多かったですが
第二花壇の芝生広場も開放されています。



鉄道フェスティバル@日比谷公園。
明日、10月10日(日)も開催されます。

くわしくは → こちら

投稿者: parkblog 投稿日: 2010/10/05 22:31

今年はどうも、皇居桜田濠のヒガンバナのカーペットを見逃してしまったようです。
先月末に開花状況を見に行ってから1週間。
まだ大丈夫だろうと思ったら、お濠の土手は既に盛りを過ぎていました。
三宅坂の大群落のところでもこんな感じです。

ヒガンバナ

対岸も、ポツンポツンと。

桜田濠

それならばと皇居東御苑内へ。
しかし・・・残念ながら群落のところは盛りを超えていました。
こちらは、梅林坂と二の丸雑木林の間のヒガンバナ。

ヒガンバナ

しかし、苑内ところどころに、紅色のアクセントが点在しています。

大番所前では

ヒガンバナと大番所

汐見坂から白鳥濠を見下ろすと、背景には丸の内のビル群。

ヒガンバナと白鳥濠

ヒガンバナから目を上に向けると、もう10月。空が広い。

百人番所

すすきの穂も開き風にそよぎ始めました。

すすき

クコも実をつけはじめました。

クコの実


投稿者: parkblog 投稿日: 2010/10/05 22:26

お彼岸もだいぶ過ぎ、10月も5日に。
それでも今年のヒガンバナは開花が遅く
日比谷公園のテニスコート脇の観覧席ではヒガンバナが満開です。

ヒガンバナ

テニスコートの西側にある三笠山にも小さな群落があります。
こちらは盛りを過ぎた感じでした。

ヒガンバナ

投稿者: parkblog 投稿日: 2010/09/29 19:00

毎年秋のお彼岸が近づくと
測ったように咲き始めるヒガンバナ。

ところが、今年は酷暑のせいでしょうか。彼岸を過ぎても見頃になりません。
と思っていたら、先週からの雨もあり、今日9月29日皇居周辺では
各所でヒガンバナが見頃となってきました。

皇居周辺でも有名なのは桜田濠から半蔵濠にかけての土手です。
桜田門のそばにちょっとした群落があります。



まだ、咲き始めといったところでしょうか。



国会前の交差点付近から振り返ると、土手の斜面に赤い群落が見えます。





三宅坂の側にも群落があり、シロバナマンジュシャゲも咲いています。



赤いヒガンバナ。一面真っ赤な絨毯になるにはもう数日かかりそう。



お濠を見下ろしていたら、ニョロニョロと!


皇居東御苑に入ると、苑内各所でヒガンバナが咲いていました。
こちらは本丸芝生広場南西の群落。



アップで撮ってみると。



巾着田のような大群落を楽しむのではなく、
皇居・旧江戸城という歴史的雰囲気とヒガンバナの組み合わせを楽しむ感じです。



投稿者: parkblog 投稿日: 2010/09/20 14:15

まもなく、秋の彼岸。
ということで、皇居周辺のヒガンバナの様子をと思い
「桜田門外ノ変」ウォーキング(→ こちら)を途中離脱して皇居東御苑へ。

本丸広場の南西にある、春にはサトザクラが咲いているエリアに
ヒガンハナのちょっとした群落があるのですが、まだつぼみ。



そばには、白いニラの花が咲いてしました。



帰路、梅林坂ではコムラサキとシロミノコムラサキの実を見つけました。



投稿者: parkblog 投稿日: 2010/09/15 19:34

9月の日比谷公園では恒例になった
日比谷公園秋の収穫祭、アサヒビールオクトーバーフェスト。

日比谷公園という東京を象徴するセントラルパークが
3日間緑のビアガーデンとして開放。



公園に入るとまずは年齢確認と確認済みリストバンドの装着。



ビールはスーパードライエクストラコールドも含めすべて500円とリーズナブル。
開始早々の17時過ぎにはまだビールを並ぶ列はあまりありませんでした。



ただし、今回の目玉、アサヒスーパードライを自らサービス体験ができる
コンテナは、開始早々30分弱の待ち時間。

開始早々から噴水脇の席は埋まり始めました。



少し離れたスタンディングエリアは18時ごろの時点でもあだあきがありました。



開始早々テント内の椅子席は埋まり、18時ごろスタンディングも含め
テント内は8~9割方の入り。

18時からテント前のステージでミュンヘンのオクトーバーフェストの雰囲気を感じさせる
演奏やダンスが始まりました。



カウベルの演奏などもあります。



ステージの合間には5分おきぐらいに乾杯の歌がうたわれ
次々プロスト!と乾杯を促されます。

今日9月15日の18時30分ごろですが、第二花壇の芝生席のスタンディングエリアでは
テーブルにまだ余裕がありました。



19時近くになれば夜の帳も降てきて
丸の内のビル群の夜景と日比谷公園の象徴の大噴水の涼しげな風情
(といっても今日は涼しかったですが)。徐々に賑わいがましてきした。



フードのブースもいろいろあります。
美味しそうだったのは五浦ハムと常陸牛の串焼き。
たしか、毎年定番。



18時30分時点では、そんなに長蛇の列ができているフードはありませんでした。
今日は少し涼しかったから?

このイベント今週金曜日9月17日まで続きます。
詳しくは → こちら


投稿者: parkblog 投稿日: 2010/08/22 1:31

日比谷公園丸の内音頭大盆踊りでは、一曲終わるごとに拍手がわきます。
それは、踊りを共有するみんなを互いに祝福するような拍手。
ただ、そんな中でひときわ拍手が大きかったのは、「龍馬踊り」



そういえば、坂本龍馬は、日比谷公園から本の1kmほど現在の鍛冶橋付近にあった
千葉定吉道場で剣術修行に明け暮れ、千葉さなと出会ったのでした。

そして、京極さんのミニコンサートの中で披露された英語バージョンの炭坑節。
これも、多くの方の喝采を浴びていました。

投稿者: parkblog 投稿日: 2010/08/22 1:01

日比谷公園丸の内音頭二日目。
メインの盆踊りの模様をレポートします。

二日目の踊りも実行委員長、日比谷松本楼小坂社長のご挨拶でスタート。



トワイライトの日比谷で始まった二日目。
土曜日ということで昨日とは来場者層が若干ファミリーよりになったような。



オープニング直後の音頭の太鼓は英国大使館のみなさん。



暗くなってきて、噴水が色づき雰囲気が盛り上がり、踊る人が増えてきました。



休憩後、太鼓の音頭は千代田区民踊連盟さん。大噴水の周りは人の輪でギッシリ。





午後8時前には、民謡歌手京極加津恵さんのミニコンサートが始まりました。



炭坑節の英語バージョンでも盛り上がっていました。



その頃、芝生広場は多くの人達で賑わっています。



その昔、日比谷公園は現在の東京ビックサイトや
幕張メッセのような機能を果たしていたとか。

今の日比谷公園は展示場の役割は果たしていませんが、
職場の人たちの繋がり、家族の絆、ともだちのネットワークなど
人と人との繋がりの展示場といった感じがしました。

 

一般社団法人 千代田区観光協会