spacer

東京セントラルパークブログ

spacer
名前: parkblog 作成日: 2009/01/26 11:59
東京セントラルパークブログ

投稿者: parkblog 投稿日: 2010/01/18 11:15

千代田区内で冬の風情というと定番は日比谷公園の鶴の噴水池。
鶴の翼にツララがさがります。

おなじみの大噴水も朝一番はかなり厚い氷で覆われていました。



一方、北の丸公園ではシモバシラ。



北の丸公園の梅林の様子を見に行ったら、ぎっしりとシモバシラがありました。

梅のほうはというと、まだ蕾のままでした。

投稿者: parkblog 投稿日: 2010/01/14 21:58

梅の開花状況のリサーチに北の丸公園の梅林を目指しました。

田安門から公園内に入ろうとすると、そこには小さなスイセンの群落が。



田安門をくぐった右手にもスイセンが群生しているのですが
今日のところはまだ咲いていませんでした。

本命の梅もまた咲いていませんでした。
時間は11時40分。ランチタイムにはちょっと早いのですが
北の丸公園休憩所フォレスト北の丸を覗いてみました。

するといつもSOLD OUTになっている限定メニュー
エコプレートランチがまだ提供されているようでした。

武道館側に席をとり、昔のコンサート等を思い出しながらLUNCH。



契約農家からその日届いた有機(無農薬)野菜を中心にメニューを構成。
入荷する野菜に応じてその都度メニューは変わるそうです。
新鮮な味・食感でとても美味しかったです。



昼時になにか催しがなければ比較的すいているので
エコプレートで低カロリー、そして、プチ散策でカロリー消費と
健康的なランチタイムが過ごせそうです。

投稿者: parkblog 投稿日: 2010/01/05 11:16

皇居東御苑の梅の名所梅林坂では
昨年末のベニトウジに引き続きヤエヤバイが咲き始めました。

梅林坂下で梅の木2本に花が咲いています。

こちらが、薄桃色のヤエヤバイ(八重野梅)。
昨年末には一輪も咲いていませんでしたが、今日は十数輪藩が咲き
蕾もたくさんふくらんでいます。


そして、こちらが薄紅色のベニトウジ(紅冬至)。
こちらは昨年末から咲き始めた早咲きの梅です。



蕾も多く膨らみ、間もなく見頃を迎える勢いです。




それから苑内には名前に梅がつくけれども梅の仲間ではない
ソシンロウバイ(素心蝋梅)が二の丸休憩所そばに




また、本丸広場南の絵図の島にはロウバイ(蝋梅)が咲き始めました。



投稿者: parkblog 投稿日: 2009/12/24 12:54

先日紹介した皇居東御苑の梅の名所「梅林坂」の近くにある
早咲きの梅「紅冬至」

離れて見ると蕾がそれぞれふくらんでいるなあという感じ。



近寄ると一輪咲き始めていました。



梅林坂の梅についてはこちらをご覧ください

投稿者: parkblog 投稿日: 2009/12/20 22:00

冬晴れの今日、平川門から皇居東御苑に入りました。
平川門を入るとすぐツバキやサザンカが出迎えてくれます。





文字通り冬至のころに花咲き始めるという梅『紅冬至』
皇居東御苑梅林坂付近では蕾が膨らみほころびそうなものもちらほら。



二の丸休憩所そばでは、黄色いソシンロウバイの蕾が膨らんでいます。



二の丸雑木林ではところどころ紅葉が楽しめますが
すっかり葉が落ち、落ち葉を踏みしめて散策がたのしめます。



三の丸尚蔵館の天皇陛下御即位20年特別展示では
最終の第4期展示が始まり、両陛下が日本各地を行幸啓された際に
各県から贈られた品々が展示されていました。


投稿者: parkblog 投稿日: 2009/12/17 17:37

2009年12月20日(日)まで日比谷公園で開催されている
「全国大陶器市」を覗いてきました。



日比谷公園大噴水の周りにずらーっとテントが並んでいます。



北は益子焼、笠間焼、から南は伊万里焼などなど全国の有名産地窯元が勢ぞろい。



ところがやきものはよくわからないので思わず値段に目が行きます。



分割払い120回までOKというのは・・・



↑ こちらは60万円なり。



もちろん、普段使いのやきものも豊富。



「お刺身をおいしく見えるお皿は?」なんていうお客さんの
声にさっと対応していました。

12月20日まで 全国陶器市について詳しくはこちらをご覧ください。

投稿者: parkblog 投稿日: 2009/12/15 16:23

皇居東御苑二の丸雑木林では、いま、ところどころで
ひと足早くヤマツツジが咲いています。



木のそばにヤマツツジの名札があります。




個の名札は、天皇皇后両陛下が今年の3月30日、
休園日の皇居・東御苑を訪れ、付けられたものです。
ご結婚50年に当たり、両陛下が入園者への贈り物として発案されたとのこと。

両陛下が贈られた名札の数は、予備も含めて計1000枚。
経費はおよそ160万円とのことで、
両陛下の私的費用に当たる内廷費から支払われたそうです。

投稿者: parkblog 投稿日: 2009/12/05 20:54

皇居東御苑本丸休憩所から展望台にそって
宮内庁楽部方面へむかうと椿類の木々が多く植えられています。

開花シーズンはこれからですが、いくつか花を咲かせていました。

こちらはロウラン。



こちらはオトメツバキ。



こちらはゴシキツバキです。



これから、その他の品種も花を咲かせます。
園内にはサザンカがあちこちに咲いています。



このほかにさくら二種が引き続き開花中。
こちらは、三の丸尚蔵館前のジュウガツザクラ。



本丸広場のフユザクラもまだ見頃です。



赤い花ボケも咲き始めています。



二の丸雑木林では山つつじが早くも咲いています。



宮内庁書陵部そばにはシジミバナが咲いています。

投稿者: parkblog 投稿日: 2009/11/30 12:15

去る11月12日は、天皇陛下御在位20年式典の日でした。
これは平成2年に「即位の礼」が行われた日にちなんで行われたものです。
実際には本年1月7日が、満20年の日だったのですね。

そんなわけで、今年一年は政府関係の主催を中心に、
さまざまな慶祝行事が行われています。
そのひとつ、宮内庁主催の儀装馬車運行がこの週末に行われました。

11月29日(日)am10:30 皇居東御苑
 


このような行事の詳細情報に関しては、さすが千代田区観光協会のHP!、
出掛ける前に運行時間をバッチリ調べて、皇居東御苑へ向かいました。
まずは大手門から馬車が通る二の丸方面へ。


 
楓もバッチリ色づき、紅葉狩りも兼ねた取材になりました。
見物に向かう観光客の皆さんも、いつもの休日よりは多い感じ。


 
海外からのお客様も、大勢見かけました。


 
二の丸雑木林へ進む人の流れの向こうから、楽隊の演奏する音曲が。


 
吹奏楽の楽団が、運行前のひと時に花を添えています。


 
これは、皇宮警察の音楽隊の皆さんだったのですね。


 
さあ、時間通り11時を回ったところで、儀装馬車が登場しました。
儀装馬車には1号から4号まであり、今回は2号と3号が運行します。
上の写真は2号馬車。
平成2年の「即位礼及び大嘗祭後神宮に親謁の儀」の際に
天皇陛下が使用されました。

 
続いて、3号馬車。
これは同じく皇后陛下が使用されたものです。
「即位礼及び大嘗祭後神宮に親謁の儀」は
平成2年11月27日午前に豊受大神宮(伊勢神宮の外宮)、
翌28日午前には皇大神宮(同・内宮)にて行われました。


 
両馬車は、二の丸雑木林を2周半します。


 
紅葉に色づく雑木林の小道を行く儀装馬車は、どこかお伽の世界のようでした。


 
帰りがけに記念のスタンプをいただいて、
ちょっとだけ高貴な気分で東御苑を後にしました。

By悉皆屋紺哲

投稿者: parkblog 投稿日: 2009/11/28 21:31

天皇陛下御即位20年を記念して
今日11月28日(土)、明日29日(日)由緒ある儀装馬車が
秋の色深まる皇居東御苑を走ります。

千代田区観光協会地域情報アドバイザーで
千代田区小川町在住の写真家藤塚晴夫さんに
今日撮影していただいた写真を紹介します。







明日も東御苑を運行します。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

一般社団法人 千代田区観光協会