spacer

東京セントラルパークブログ

spacer
名前: parkblog 作成日: 2009/01/26 11:59
東京セントラルパークブログ

投稿者: parkblog 投稿日: 2009/10/28 17:14

紅葉シーズン前の皇居東御苑。いまの主役はツワブキでしょうか。
桜の樹の下に黄色い花が映えます。

東御苑のあちこちで見かけることができます。



こちらは本丸南側の群落。



そして、クコの実のオレンジがすごく美しい。
(二の丸雑木林から梅林坂に向かったところで見ることができます)



それから、引き続きジュウガツザクラは長持ち。



常緑樹の緑とエノキの黄葉、モミジの紅葉がすばらしい
梅林坂の石垣はこんな様子。



秋はゆっくり訪れます。

投稿者: parkblog 投稿日: 2009/10/24 15:47

ガーデニングの祭典日比谷公園ガーデニングショー2009が10月24日(土)から始まりました。



各エリアにはガーデニングコンテスト出品者の作品が展示されています。

大噴水の周りにはベランダガーデン部門。



第二花壇芝生広場ではコンテナガーデン部門。



そして芝生広場の東西にはハンギングバスケット部門の出品作品が並んでいます。

日比谷公会堂の前ではミニガーデンショーのエリアもあります。



芝生広場に入ることができるので
第二花壇のバラも身近にみて、香りを楽しむことができます。

 

ツリークライミングの体験なども行われていました。



堆肥の配布も実施。



日比谷公園ガーデニングショーは11月1日(日)までです。

詳しくは、こちらをご覧ください。

投稿者: parkblog 投稿日: 2009/10/20 21:41

千代田区観光協会では
一般公開されている皇居東御苑は定期的に取材しています。

四季折々の草花、江戸以来の史跡など
今後とも当ブログでアップしていきます。

さて、今回は宮内庁さんの許可を得て
動画で休苑日の東御苑と普段は一般公開されていない
西の丸エリアを取材させていただきました。

合わせてスナップを撮影したので一部を紹介します。

現在、花と言えば、三の丸尚蔵館と本丸休憩所前のジュウガツザクラが盛り



平日に皇居参観を申し込めば、
宮内庁庁舎前から富士見櫓を見上げることができます。



そして、新年1月2日の一般参賀で乾門方面に出るときにみることができるのが
蓮池濠から見上げる富士見多聞。



そして、道灌濠



移動にあたっては、西桔橋を渡りました。



皇居参観についてはこちらをご覧ください

一般参賀についてはこちらをご覧ください

(いずれも宮内庁ホームページ)

投稿者: parkblog 投稿日: 2009/10/18 20:27

農をテーマにしたイベント「土と平和の祭典2009」



代々木公園で行われている東京朝市「アースデーマーケット」の
日比谷公園版とでもいったらいいでしょうか。



テントは竹仕様もあり。農業系NPOなどが多く出展。



ごみゼロ。もちろん使い捨て食器はNG。





みなリターナブル、または家から持ってきた食器で飲食。



一方、日比谷公園第二花壇の芝生広場というと、ライブで盛り上がり。



そして、ピラミダルなバンブージャングルジムに子どもたちは大喜び。

農作業体験も真剣に。



ビールを飲み過ぎても
何か妙にいい感じの一日を過ごしたと感じられるようなイベントでした。

 

投稿者: parkblog 投稿日: 2009/10/10 23:09

鉄道フェスティバル2009@日比谷公園が
10月10日から始まりました。



10時の開始早々から、JR各社のブースには長蛇の列。
限定グッズなどがお目当てなのでしょうか。







普段BtoCのかかわりがなさそうなJR貨物さんもブースを出展。



さらに民間鉄道各社のテントにもすごい人の列です。



もちろん駅弁のブースもあり。



いわゆる「鉄っちゃん・鉄子」さんばかりかと思えば
子供向けのメニューもあります。





鉄道フェスティバル2009@日比谷公園は明日(10月11日)まで。

詳しくはこちらをご覧ください。

投稿者: parkblog 投稿日: 2009/10/08 12:28

このところ続いた雨模様。そして、今回の台風18号。
皇居周辺では、お昼前に雨も上がり晴れ間が臨めました。
そこで、台風一家の皇居東御苑をスナップ。

大手門の向かって左側は桔梗濠。
風で舞い散った葉が目立ちます。


百人番所の落ち着いた色調と台風一過の清々しい青空のコントラストが印象的。



芝生の上に寝転ぶにはもう少し時間が必要かもしれません。



いま、東御苑内はキンモクセイの香りでいっぱいです。



天守台の上空を雲が次々と流れていきます。

投稿者: parkblog 投稿日: 2009/10/02 8:57

雨の日が続いています。
都市の中の自然、皇居東御苑で雨の風情を探してみました。

本丸に向かう中雀門跡の石垣は雨に濡れて普段とは別の様相。



本丸広場に辿りつけば、ウメモドキの赤が目に入ります。



本丸広場南側の絵図の島というエリアではヒメリンゴが実っています。



本丸広場東側のバラ園では、雅子妃の御印のハマナスの実。



さらに進めば、雨にぬれた竹林の緑。



天守台跡のそばでは、アキイイチバンというボタンと、ハマギクが咲いていました。





雨の日もまた違った楽しみ方のある皇居東御苑です。

投稿者: parkblog 投稿日: 2009/09/29 12:02

2009年9月28日、天皇皇后両陛下が記念植樹された新種のバラ
「フローレンス・ナイチンゲール」が今日29日から公開されています。



このバラは国際看護師協会が、姉妹団体にあたる
「フローレンス・ナイチンゲール国際基金」の発足75周年を記念して
開発を依頼したもので、皇后さまが日本看護協会の関連行事に出席し、
活動に理解を示されているため、プレゼントされることになったとのこと。

クリーム色の花が通年楽しめるそうです。


より大きな地図で 皇居東御苑秋の花だより を表示

本丸芝生広場東側にはジュウガツザクラが開花し始めています。




投稿者: parkblog 投稿日: 2009/09/19 12:37

シルバーウィークといわれる秋の五連休。
皇居東御苑のあちこちでヒガンバナが開花しています。

大手門から入ると大番所の前のクロマツと芝生に
鮮やかなヒガンバナ。



本丸広場の南端にある野草の島というエリアには
きれいなコムラサキとシロミノコムラサキ。





その隣のエリアではヒメリンゴの実がなっていました。



その先芝生広場の西側をいくと、サトザクラの林のたもとにヒガンバナの群落。



すぐ隣の茶畑ではチャノキの花がさいていました。



ヒガンバナばかりに目が行くのですが
早くもサクラが開花していました。。。といってもジュウガツザクラという品種です。



本丸休憩所の東側、展望台付近には白いヒガンバナ、シロマンジュシャゲが咲いています。



汐見坂を下る途中にも朱色のヒガンバナと白鳥濠の緑のコントラストが絶妙です。



二の丸雑木林にはシモバシラ。冬には枯れた茎の根元から
茎にそって氷の結晶が立ち上がることからこの名前が付いているそうです。



それから雑木林のあちこちでヤマハギが見られます。



二の丸庭園にある諏訪の茶屋の前にもヒガンバナ(マンジュシャゲ)とシロバナマンジュシャゲが咲いています。



東御苑でヒガンバナの一番の群落は二の丸から梅林坂方面の東側です。



ヒガンバナを辿りながらも、いろいろな秋の草花に出会う皇居東御苑でした。

東御苑の歴史を辿りたい人は
→ こちらをご覧ください



投稿者: parkblog 投稿日: 2009/09/16 21:36

今日は少し暑かったですね。

最後の?残暑でしょうか。
そんな今日、日比谷公園 秋の収穫祭
アサヒオクトーバーフェストがはじまりました。



入場の際には年齢を確認して、リストバンドをつけます。



午後6時の開始時刻には用意された席はほぼ満席状態。



大きなテントはすでに大盛り上がり!





テントの前のステージでは、バイエルン地方の民族音楽の楽団「Top 4 plus」の演奏と
天使のような透き通った声が印象的なヨーデルクイーン「ベロニカ・レンツ」が登場。



 

ダンサーたちとが客席に降り来場者と一緒になって踊るなど、
体感が高まっています。



ビールはもちろん



大噴水の周辺には、サンマや焼き五浦ハムなど
ビールに合う料理の屋台が並んでいます。

アサヒオクトーバーフェスト9月18日(金)までです。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

一般社団法人 千代田区観光協会