トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

カテゴリーリスト

spacer

カレンダー

spacer
まちブログ

まちブログ「神田・神保町・秋葉原」周辺

spacer
4 13

投稿者: machiblog3
2017/04/13 11:36

4月12日(水)18:30〜
千代田図書館主催 千代田図書館ミュージアムセミナー
神田祭を読む
〜本で知る神田祭の今昔〜

千代田区役所4F会議室を会場に
神田明神神職の岸川雅範氏を講師にお迎えして行われました。


主催者による講師の岸川氏のプロフィール紹介からセミナーが始まりました。
会場は、神田祭も目前ということで
事前申込みをされた定員50人でいっぱいの人気ぶりです。


かつての神田祭では神社神輿と山車の行列が主役でしたが、
実は人気があったのは、毎回趣向を凝らして行列に出る附け祭りでした。
そのような実例が載っている書籍などを紹介しながら
当時の記録や錦絵を参考に神田祭の詳細が語られていきます。


明治17年の神田祭大祭が盛り上がった社会背景など詳しく語られ
人が扮した凧をあやつる附け祭の絵など多数紹介してくれました。
笑いを誘うと云う要素を持った出し物は相当に人気があったそうです。


江戸時代から現代までの神田祭のコラボの歴史も語られました。
歌舞伎役者が神田祭とコラボした錦絵も紹介してくれました。
尾上菊五郎や市川団十朗などなど
銭形平次、ケロロ軍曹、ラブライブ、こち亀などなど
神田明神・神田祭とのコラボの流れの解説もあり、
本年5月の神田祭では「ソードアート・オンライン」とコラボとのこと。


締くくりは、神田祭へお出かけくださいと言うことです。
来られない方はインターネットライブ中継をご覧になって
神田祭を楽しんでくださいとまとめられました。
アッというまの90分の神田祭セミナーとなりました。
講座終了後も講師の岸川氏を囲んでの質疑応答が盛り上がっていました。

神田祭は、5月11日(木)〜17日(水)まで
さまざまな神事・行事が執り行われます。
詳細は、神田明神ホームページをご覧下さい。
コチラ→ http://www.kandamyoujin.or.jp/


Tags:
 

一般社団法人 千代田区観光協会